【連載コラム】稚菜、小椋佳の「少し
は私に愛を下さい」をカバー

先週の月曜日、振り袖を着た女の子達を沢山見かけて、
(…あぁそっか。成人式だ。)そんな事を思ったりしていた。
そして土日は今度はセンター試験、だったみたいですね。
懐かしいなぁ、なんて事をしみじみ思った一週間。
…まぁ、センター試験は私受けてませんけど。笑

大学受験はしていないけれど、中学高校はどちらも受験してはいる。
高校に至っては二次試験まで受けているのです。
もう二度と、やりたくないって思う。笑
勉強自体は嫌いではないのだけれど、試験を受ける時のあの独特の空気感が何ともね。。
でも試験での面接に関しては割と好きでした。
アルバイトなどの面接もそうだったかもなぁ。
試験も面接も同じ緊張感はあるけれど、面接に関しては自分次第で自分の空気に持って行く事が出来るから、寧ろ得意だったのかもしれません。
…どっちかって言ったら、合格発表や採用の連絡を待っている時のあの何とも言えない緊張感がとてつもなく苦手でした。笑
きっとセンター試験を終えた学生達も、
終わって内心ほっとしながらもまだまだ心が落ち着かない状態なんだろうなって思います。
でももうやりきったのだから。
あとはドンと構えていて欲しいなって思います。
きっときっと大丈夫!
そして成人式に関しては、もう4年前なんだなって思うと、何だか不思議な感覚。
ついこの間の様に感じている。
…正直あんまり思い出はないですけど。笑
高校の友達はちらほらいて、それは楽しかったんですが、
成人式って基本どこも中学校で集まると思うんですよね。
私、中学は違う地区の私立だったので。
ほぼ知り合いがいませんでした。
…要するに暇でした。笑
だから、式が終わったら即家に帰って、朝早くて全然寝ていなかったからかそこから12時間以上寝ていた記憶があります。笑
いやー、寂しかったな。笑
でもいいんです。
私、成人式は自分の為っていうより、自分の家族に、
"大人になりました。ここまで育ててくれてありがとう!”
それを伝える日だと思っているから。
おじいちゃんとおばあちゃんちには、成人式の時に撮った写真を今でも飾ってくれている。
それが何だか凄く嬉しい。
それで十分の日。
今年成人を迎えた人は、いつもなかなか言えない感謝の気持ちをこの機会に是非、自分の言葉で伝えてみて下さいねー。
さて、今日の一曲。
小椋佳さんの「少しは私に愛を下さい」
コラムには全く関係していませんが。笑
先月ワンマンライブでも歌わせてもらいました。
この曲も、実は歌うまで知らなかった曲。
私の引き出しの中には全くない曲なので、個人的に凄く勉強になりました。
こうやって昔の素敵な曲を知る機会をもらえてありがたいなって思います。
是非、聴いてみて下さい。

それでは。

著者:稚菜

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC