現在AWA OKMusicオフィシャルアカウントで公開中のプレイリストに、EBI(ユニコーン、MADBEAVERS、電大)選曲のプレイリストが追加された。

EBI

1987年にユニコーンのベーシストとしてデビュー。ユニコーン解散後はソロ活動を経てARBに加入。ARB活動停止後はMADBEAVERS、2009年に再始動したユニコーン、2012年結成の電大で活動中。ちなみに愛称の“EBI”はARBが大好きだったことから“ARB”と呼ばれいて、それがいつの間にか省略されたもの。

「ARB入門編」

ARBの曲っていろんなジャンルの曲が盛り込まれていて、すごく音楽的だし、ベースを弾いててもいろんなバリエーションがあって楽しいんですよ。知らないうちに、勉強させてもらってましたね。ブルースとかソウルとか、ARBを通して触れていたんだなって後々になって知りました。

1. 魂こがして / ARB

ARBを語る上で、まず一番に出てくる曲ですね。

2. BAD NEWS(黒い予感)ARB

高校生の時によく聴いていたし、カバーしていました。この曲のベースソロが好きで…オクターブで動いていくんですけど、そういうのをMADBEAVERSでやったりしてますね。

3. TOKYO CITYは風だらけ / ARB

これはライヴ音源なんですけど、“TOKYO CITYは?”“風だらけ!”というコール&レスポンスがあって、ライヴに欠かせない曲です。

4. トラブルド・キッズ / ARB

僕が高校生の時にリアルタイムだったのが、この曲が入っている『トラブル中毒』というアルバムだったんです。この曲のベースのフレーズが大好きなんですよ。まぁ、ARBの曲はどの曲もベースのフレーズが好きなんですけど。

5. 乾いた花 / ARB

リフ一発のカッコ良い曲です!

6. ウイスキー&ウォッカ / ARB

8ビート一辺倒ではないというか、ARBの音楽的な深さが分かるし、この曲もかなりの代表曲ですね。

7. BOYS&GIRLS / ARB

この曲のメッセージに勇気をいただきました。

8. ユニオン・ロッカー / ARB

出だしの“ユニオン、ユニオン”といい、シンプルな8ビートの曲でとにかく痛快です

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着