SHE’S 服部栞汰が選ぶプレイリスト
。「俺のルーツ8選」

現在AWA OKMusicオフィシャルアカウントで公開中のプレイリストに、SHE’Sの服部栞汰(Gu)選曲のプレイリストが追加された。

SHE’S

メンバー全員が1992年生まれの次世代ピアノロックバンド。『閃光ライオット2012』のファイナリスト。これまで3年でミニアルバム3部作をリリース。16年2月発売のミニアルバム『She’ll be fine』はiTunes ロックチャート1位を獲得した。同年6月、シングル「Morning Glow」でメジャーデビュー。

「俺のルーツ8選」

今回は「俺のルーツ」ということで、僕のギター人生のルーツを中心に選びました。悩みましたが、特に影響を受けたアーティストとルーツを語る上では不可欠な曲を揃えました! SHE'Sとは異なるジャンルなので、この機会に是非聴いてみて下さい!

1. Rock & Roll All Nite / KISS

僕がロックを好きになるきっかけになったバンドです。その中でもKISSといえばこの曲! その見た目から敬遠されがちですが、ロックでかつポップさもあるバンドです! アルバム「ALIVE!」のライブverがオススメ!

2. Hot For Teacher / Van Halen

ギタリスト「エドワードヴァンヘイレン」率いるVAN HALENのノリの良い1曲です! SHE'Sでの僕のギタープレイには出てこないギタースタイルですが、僕のルーツでは必要不可欠なギタリストです!

3. JAGUAR ’08 /春畑道哉

TUBEのギタリスト春畑道哉さんの、上がること間違いなしのロックチューン! 僕のギタースタイルは春畑さんから多大な影響を受けてます(笑)。

4. The Power of Love / Huey Lewis &
The News

映画「Back to the Future」の主題歌です。一番好きな映画なので、この曲も僕のルーツを語る上で必要不可欠な曲です! 爽やかでキャッチーな80年代ポップス!

5. Crossroad / Cream

今でもギターを持てばついつい弾いてしまう、60年代のブルージーな曲です。ハードロックばかりでなくブルースにも興味を持ちだし、この曲を何度も繰り返し聴いて必死にコピーした思い出があります(笑)。

6. Dani California / Red Hot Chili
Peppers

中学1年生の頃、テレビで見たレッチリのミラノでのライブ映像のかっこよさに圧倒され、特にこの曲からのジャムセッションは何度も繰り返し見てギターかき鳴らしてました(笑)。

7. ええねん / ウルフルズ

ウルフルズはギターを始める前からファンです! もうこの曲については歌詞の最初にあるように「何も言わんでもええねん」です!(笑)

8. ラヴ・パレード / ORANGE RANGE

ギターを持つ前からORANGE RANGEはずっと聴いていて、ギターを手にして一番最初に弾いた曲がこの曲です。ギターサウンドがそこまで目立つ曲ではないバラードですが、僕のルーツです!

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」