婚活女子に捧ぐ!良い女を演出できそ
うな曲

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は…聴くだけで良い女になれる!とか、そんな魔法のようなことはありませんが、婚活パーティや合コンに参加してみたくても、尻込みしてしまってなかなか……と、一歩踏み出せない貴女へ、背中をポンと押してくれそうなパワーみなぎる楽曲を集めてみました。

1.「Single Ladies (Put a Ring On It
) 」 / Beyoncé

●恋に苦戦するすべての独身女子たちに贈る応援歌!
私を他の男に獲られるのが嫌だったら、さっさと結婚指輪をくれていれば良かったのよ!……と、かなり強気で元カレに別れを告げる歌詞をテンション高く、パワフルにビヨンセ様が歌っているのを聴いていると、なんだかグズグズしている自分に潔く別れを告げたくなってきます。
気の置けない女友達と一緒に目一杯おしゃれして、普段行かないクラブや素敵なBARに行ってみる(もしくは行くことを想像する)のはいかがですか⁈行動範囲を広げることで、今までとは違う自分を発見できるかもしれません。

2.「NEW LOOK」 / 安室奈美恵

●モデルになった気分で街を颯爽と闊歩してみよう。
歌詞の中に出てくるツイッギーは60年代にミニスカートを大流行させたイギリス出身のスーパーモデル。タイトにまとめたショートヘアはとてもキュートですが、そのtomboy(ボーイッシュ)なスタイルは当時とても斬新でした。しかし、ロングヘアから一転、思い切ってこの髪型を打ち出したことで、ツイッギーは現在でも語り継がれるほどのファッションリーダーとなったのです。
髪型に限らず、普段着ない色の服を着てみる、真っ赤な口紅をつけてみる、いつもよりちょっと多めに肌見せしてみる、など少しだけ思い切ったイメチェンで、新しい魅力が生まれてくるかもしれません。そんな気持ちを後押ししてくれる曲です。

3.「Dangerous Woman」 / Ariana Gra
nde

●女豹になった気分で妖しくキケンな女を演じてみよう。
普段心の奥にしまっている欲望を解き放って、たまには”キケンな女”を演じてみるのも良いのでは?
このMVのアリアナに倣って、普段はつけないセクシーなランジェリーをこっそり身につけてみましょう。繊細なデザインのランジェリーはいつになく身体に緊張感をもたらしてくれます。そして、ちょっぴりエッチな気分になることで女性ホルモンの分泌が促されると(※科学的根拠はありません)、ふとした仕草や歩き方にもきっと女性らしさがプラスされることでしょう。
そんな貴女の魅力に引き寄せられる男性達の中に、運命の人が現れるチャンスも……?!

4.「I Really Like You」 / Carly Ra
e Jepsen

●私、恋しちゃったかも?!……淡い気持ちを取り戻そう。
「愛してる」の手前、「私、あの人のこと好きかも……?」と気付き始めた頃というのは、メールの返信がないことにヤキモキしたり、その彼が別の女の子と話していることにほんのり嫉妬したり……と、相手のことがいちいち気になって、苦しかったりもします。でも、実はそのくらいの時が一番恋って楽しい!と思える時期かもしれません。仕事や学校へ行く足取りが軽くなったり、笑顔が増えたり、恋してる女性は生活にハリが出て、キラキラと眩しく見えるものです。この曲を聴くと、その輝くハッピーオーラにつられるみたいに、とても前向きな気持ちになれるのです。

5.「PILLOWTALK」 / ZAYN

●イイ男に抱かれて夢うつつ…な気分を疑似体験しよう。
元ワン・ダイレクションのゼインによるソロ・デビュー・シングルなのですが、元アイドルが歌うにはかなり赤裸々で、最初に聴いた時は1D卒業後初のシングルでここまでやっちゃって良いの⁈と驚きを隠せませんでした。タイトルから察するに値する、コッテコテにセクシーな楽曲です。
ベッドの中で優しく甘い言葉を囁かれる……そんな夢のような時間、いつぶりだろう……?なんて、もし現実で相当ご無沙汰だったとしたら、聴くだけでエッチな気分になれそうです。良いオトコに抱かれる自分をシミュレーションして、良い女度アップを期待してみましょう。

6.「WHAT YOU WANT」 / JUJU

●人生は楽しんだもん勝ち!素直になるのを恐れない。
年齢を重ねるにつれ、いつの間にか自分で自分の気持ちにブレーキをかけて、つい大人ぶった余裕のあるフリをしてしまったりするけれど、そんな風に本来の自分を抑えてしまったまま一生終えてしまって良いの?なんてふと不安になることはありませんか?
人生は一度きりなのです。自分が心から”楽しい!”と思えること、”欲しい!”と思うものに、時には全力で素直になってみても良いと思います。日頃のストレスから開放された貴女には、きっと同じように人生を謳歌している人達が集まってくるでしょう。同性でも異性でもポジティブなバイブスを共有できる仲間が集まれば、そこからまた新しい素敵な恋が生まれるかもしれません。
さて、お気に召した選曲はございましたか。
ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、各曲をお楽しみいただければ幸いです。
それでは、くれぐれもマナーを守ってお外へGO!

選曲・文/高原千紘
編集:吉川さやか
出典:ミュージックソムリエ協会staff blog
ミュージックソムリエ養成講座

著者:NPO法人ミュージックソムリエ協会

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着