百花繚乱!2017年4月 来日アーティス
トが凄すぎる!!

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は、今春来日アーティストの厳選楽曲を、ライブ情報とともにお届けします。

はじめに

毎月、多くの海外アーティストが来日してライブを行っていますが、2017年4月はラインナップが凄い! 毎週グラミー賞級もしくはレジェンド級のアーティストが、ライブを繰り広げます。
こんなに一気に来られても、お金が追いつかないわ…と泣き言を言いたくなる今日この頃。ちなみに私は、ポール・マッカートニーのチケットを取るだけで精一杯でした。
話を本題に戻しまして、4月来日アーティスト、中にはまだチケットが手に入るライブもありますので、ぜひチェックしてみて下さいませ!

1.「I Wanna Be Adored」/The Stone
Roses

●後のブリットポップに影響を与えたマンチェスター発のバンドと言えば!
1983年結成。1996年に解散し、2011年に再結成したザ・ストーン・ローゼス。この曲が収録されている『THE STONE ROSES』は、1989年に発売された作品です。1曲目を飾るのが、「I Wanna Be Adored」。イントロだけでおよそ1分50秒。何かに追われて心臓がバクバクしているような音に、ベースが乗り、そしてギターとドラムが合わさり……という感じで、じわじわと引き込まれる感じが、とても好きです。
ちなみに、4月21日(金)の日本武道館はソールドアウト。22日(土)の同会場での追加公演が発売中です。

2.「A Sky Full Of Stars」/Coldplay

●UKが誇る21世紀を代表するスーパーバンドを東京ドームで!
1997年にロンドンで結成された、コールド・プレイ。デビューアルバムから爆発的なヒットを飛ばし、世界的な人気を誇るスーパーバンドです。4月19日(水)の東京ドーム公演は、即売り切れでした。しかも当日のゲストアクトは、RADWIMPSだそうです。
「A Sky Full Of Stars」は、2014年のアルバム「Ghost Stories」に収録。EDMとロックが混ざる音が非常に気持ち良い一曲ですが、歌詞もまたロマンチック。“君は僕にとって満天の星だから、君に僕の心を捧げるよ”なんて、今ココで書いているだけで顔がニヤついてしまう……。
あぁ、この曲がなった瞬間、東京ドームが沸き上がる光景が目に浮かびます。音漏れだけでも味わいに、東京ドームの前に行こうかしら。

3.「Carry On」/Norah Jones

●深く優しく響く歌声に心癒される。日本武道館で聴くジャズの一夜を堪能したい
どの曲でも、一音目を耳にするだけで、まるでNYのジャズクラブに足を踏み入れたような、上質な時間が味わえるのがノラ・ジョーンズの魅力のひとつだと思うのです。
ピアノとオルガンをベースに、ゆったりとしたテンポで歌われる「Carry On」は、優しく“前へ進みましょう”と聴く人に語りかけてくれます。ちょっと苦い思い出も、やさしく洗い流して、前に進む力を与えてくれる、癒しと活力をくれる歌です。この曲のYoutubeにアップされている日本語訳は、作家の川上未映子さん担当。歌詞も味わいながら楽しめます。
ノラ・ジョーンズは、4月13日(木)14日(金)、追加公演の15日(土)の日本武道館のほか全国6都市でライブを行います。

4.「Put Your Records On」/Corinne
Bailey Rae

●穏やかで気持ちの良い時間を満喫するなら、このライブ!
温かみのある歌声が魅力のコリーヌ•ベイリー•レイ。イギリスのシンガーソングライターです。2006年に発表された「Put Your Records On」は、アコースティックギターに合わせて、いまの自分を悲観しないで進んでいこうと言ったメッセージを歌っています。側で励ましてくれる親友のような優しい前向きソングです。
ライブは、4月10日(月)は大阪 IMPホール、4月11日(火)は東京 赤坂BLITZで開催です。

5.「Real Love」/MARY J.BLIGE

●今に繋がるR&Bの源流を体感できる!レジェンドのライブ
クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルと賞賛されるメアリー・J・ブライジ。6度のグラミー賞受賞など輝かしい実績を持ちながら今も現役で作品をリリースするレジェンド級のアーティストで、後のR&Bシンガーに多大なる影響を与えています。この曲は1992年にリリースされたセカンドシングル。90年代のR&Bの雰囲気が良く分かる曲ですし、まさにこれで、トレンドの方向性が決定づけられていることを痛感する一曲です。
ライブは、4月17日(月)大阪 なんばHatch、4月19日(水)20日(木)東京 STUDIO COAST開催します。

さいごに

以上5組ご紹介しましたが、他にも4月に来日するアーティストは、超豪華。
サンタナ、エアロスミスのスティーブン・タイラー、ドゥービー・ブラザーズ、そしてミュージカルスターで、米版「アナと雪の女王」のエルサ役でも有名なイディナ・メンゼルなど……こんな一気に来られても、行けないってば!!

(選曲・文/石井由紀子)

著者:NPO法人ミュージックソムリエ協会

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」