アートワークのセンスもグッド。☆Taku Takahashi(m-flo)プロデュース、Yun*chiのキュートでキラキラなラブソング! ラブリーにしてダークネスなアニメ『うーさーのその日暮らし 夢幻編』主題歌としても話題です。
取材:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

いつもアートワークにこだわりを感じています。今回はリップが印象的な、とてもインパクトが強いヴィジュアルですね。アイデアの勝利ですよね。

ありがとうございます。アートディレクターは吉田ユニさんで、撮影は指にリップのリングをして、指を口紅で塗りました。リード曲「Lucky Girl*」のイメージで作りたかったので、「Lucky Girl*」の歌詞の話を伝えて、ユニさんから出てきたアイデアで今のかたちになりました。

リード曲「Lucky Girl*」は、Yun*chiさんらしいキラキラなポップチューンですが、プロデュースは☆Taku Takahashi(m-flo)さんなんですね。

前作『アニ*ゆん~anime song cover~』の時に☆Takuさんというか、チームのTachytelic®でやっていただいたんですけど、オリジナルでがっつり組むのは初めてですね。

で、作詞がカワムラユキさんという。

昔からよくしていただいていて、去年ぐらいから、一緒に仕事ができたらいいよねというお話をしてました。今回『うーさーのその日暮らし』ってアニメの主題歌なんですけど、“うーさーさま”っていう変わった性格の主人公がいまして、“うーさーさまみたいな男の子を好きになった女の子の話を書けたら面白いかな?”という話をしてたんです。

アニメと、キャラクター設定的に歌詞でリンクしているということですね。

そうなんです。ユキさんとはガールズトークしながら歌詞をかたちにしていただきました。内容は、みんなそれぞれに好きな人のタイプってあると思うんですけど、“実は理想ではない人なんだけど、ドキドキさせられたりハラハラさせられたりしながら、好きになってしまうことってあるよね?”って感じです。そんな妄想を膨らませていただきました。

なるほど〜。好きなフレーズとかあります?

一番も二番もAメロがすごいリアルな表現をしていて、どっちも好きですね。でも、やっぱりサラダのくだりは好きです。普段サラダとか取り分けない女子なんだけど、“彼のためだったらサラダを取り分けようかしら!”とやってみたら、“あれ? 全然違う方向を向いていてお肉食べてる (泣)”みたいな。“私のこの頑張りは? う〜!”という(笑)。それは彼の計算なのか天然なのか?みたいな内容が本当にグッときます。

そのフレーズ、めっちゃリアルでいいですよね。

“そういう鈍感なメンズを好きになってはダメだぞ!”と思いつつも、“そのハラハラが病み付きに!”みたいなね(笑)。

☆Takuさんの曲は、もともといろいろ聴かれていたのですか?

メジャーデビュー前から☆Takuさんのイベントに遊びに行ってたんですよ。自分のデモ曲を聴いてほしくてCD-Rを渡したりしてました。

じゃあ、またこうやってシングルでご一緒できるって感慨深いですね。そして、2曲目が「QLL*」。これを“キュルル”と読ませるのはキュートです。歌詞はmeg rockさんなんですね。

はい。そして、曲はネットレーベルで活動しているTomgggさんです。私は時々、音楽サイトのSoundCloudで面白いクリエイターやトラックメーカーを探しているんですね。そんな時に友達に“Tomgggくんいいよ!”と教えてもらったんです。実際どんな人なのか気になってライヴに会いに行って、曲を聴いてもらったりしたんです。私は夜の遊園地みたいな曲がすごい好きなので、Tomgggくんのファンシー感にはまって、一緒にコラボできたら楽しいだろうなと思ってお願いしました。

その、自分でクリエイター仲間を開拓していく感じがYun*chiらしさですね。

ありがとうございます。自分が好きな音楽をオススメし合うのって楽しいんですよ。学生の頃ってそんな気持ちが大きかったじゃないですか。そんな気持ちを大切にしたいなと思っています。なので、今も夜な夜なイベントとか行っちゃうんですよね。

音楽好きにとってSoundCloudでの自分好みな音楽探しは本当に楽しいですよね。

楽しいですね、もう一生聴いていられます(笑)。いい曲があふれていて面白いです。もっぱらサンクラブームです。サンクラの旅2015は永遠ですね、うふふ。
「Lucky Girl*」
    • 「Lucky Girl*」
    • CRCP-10343
    • 2015.07.15
    • 1300円
Yun*chi プロフィール

ゆんち:幼少期よりYUKIやCharaなどの女性シンガーに憧れ、積極的に音楽活動を始める。デビュー前からさまざまなアーティストの作品やコンピレーションアルバム等に参加するようになる。2012年11月ミニアルバム『Yun*chi』でメジャーデビュー。Yahoo!急上昇アクセスランキング2位(9月14日)をマーク、『ミュージック・ジャケット大賞2013』にて大賞を受賞。アメリカ・テキサス州オースティンで開催された音楽、映画、インタラクティブなどを組み合わせた世界最大級のフェスティバル『SXSW2016』や、ロンドン、ミャンマー、ジャカルタ、NY、マレーシア、台湾など世界各国で開催される大型イベントにも出演。国内のみならずイベントに出演を果たすなど、海外でも話題を呼んでいる。Yun*chi オフィシャルHP
ブログ
Twitter
Facebook
YouTube

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」