L→R 魚住有希(Gu)、岡田万里奈(Vo)、田中れいな(Vo)、宮澤茉凜(Gu)

L→R  魚住有希(Gu)、岡田万里奈(Vo)、田中れいな(Vo)、宮澤茉凜(Gu)

【LoVendoЯ】ライヴ感や躍動感が出
たアルバム

ハードなサウンドに憂いのあるツインヴォーカル。今年行なったロングツアーでバンドとしての結束力が高まり、進化を遂げたLoVendoЯ。ライヴで披露してきた曲を中心にレコーディングされた3rdミニアルバムについて話を訊いた。

取材:山村哲也

まずはアルバムが出来上がった感想を訊かせてください。

田中
ライヴでずっと歌っていた曲がほとんどなので、前作みたいにレコーディングしようって言って初めて歌ったものと違って、ライヴ感や躍動感が出たアルバムだなと思います。
魚住
ライヴの時とアレンジも変わってバージョンアップしているので、ファンの人にも聴き応えがあるんじゃないかなって思います。ライヴでは再現できなかった音も入っていて豪華になっているし、「Stonez!!」では初めて一発録りにも挑戦していたり、楽器をやっている人にも楽しめる作品ができたんじゃないかなって思いますね。

1曲目はアルバムタイトル曲にもなっている「イクジナシ」。メロディアスでハードナンバーですね。

田中
これまでは、れいなが上パートでオカマリ(岡田)が下パートを歌うことが多かったんですけど、この曲はサビ前まではれいなが下パートなんです。前半は下が主メロになっていて、サビで上になっている感じなので、そういうのも新しいなって思いました。

いつもの田中さんの声の印象とは違いますよね。

田中
そうですね。ちょっと低めの太いところで出しているので、違う印象があるかもしれません。
岡田
LoVendoЯは今まで大人と子供の狭間みたいな詞が多かったんですけど、これは大人の女性から男性へのセクシーな歌詞だったりします。なので、私はちょっと掠れた感じの声を意識しつつ、勢いもなくさないように歌いましました。

ミュージックビデオでの田中さんのキス顔がネット上で話題になっていましたけど。

田中
あれ、キス顔じゃないんですよ(笑)。あれは癖なんです!
岡田
チュー顔が癖ってすごくないですか(爆笑)。
宮澤
ミュージックビデオの話だと、私っていつもカメラ目線がないんですよ。でも、今回一瞬だけギターソロ前にそれっぽい、自分でもコレはいいなっていうカットがあるので、ぜひそこも観てほしいです(笑)。

ギターの聴きどころは?

魚住
やっぱりギターソロです。この曲はちゃんとひとりひとりに見せ場があって、それぞれが活きる曲だなって思います。

作品全体はヘヴィなサウンドに仕上がっていますよね。

魚住
はい。トラックダウンの時に音に関して、今回はいろいろとお願いしました。特に「UNDERGROUNDER」はギターの歪みがちょっと少なかったので、ギターふたりで相談して、“もっとメタルっぽくしてください”って言ったり(笑)。
宮澤
もっとスリップノットっぽくって(笑)。

「UNDERGROUNDER」は宮澤さんの作曲ですけど、頭のリフがすごくカッコ良くて印象的でした。

宮澤
あそこから曲を考えたんですよ。そこを肝に、ハードでメタルな曲の要素を詰め込みました。

ヴォーカルチームはこの曲どうでした?

田中
この曲は“こんなにリズム入っていたんだ!”ってレコーディングで初めて分かって。なので、ライヴで歌っていた時より、リズム感が出るように歌いました。
岡田
変拍子が入っているから、リズム取っていて“あれ?あれ?”って合わなくなっちゃったりもして(笑)。
宮澤
あそこはバンド陣も合わせるのに最初苦労しました。

「この世に真実の愛がひとつだけあるなら」はバンド結成時の曲で、今回やっと音源化されましたね。

田中
ずっとCD化したかったので、収録されることになって“やっとか!”って一番喜びましたね。すごくバージョンアップして豪華になったので、ライヴでやるのが楽しみなんです。
岡田
新しく曲頭に教会のオルガンみたいな音が入ってカッコ良くなりました! アニメの主題歌にならないかなってメンバーみんなで言っているんですけど(笑)。
魚住
前よりゴシック感が増したので、ライヴでは静と動がしっかり見せられたらカッコ良いのかなって思ってます。

今回5曲収録されていますが、ライヴで唯一やっていない「少年」はレコーディング難しかったんじゃないですか?

宮澤
私はアコギを弾いているんですけど、アウトロのアルペジオが難しかったです。
魚住
ふたりで一緒に弾いているんですけど、リズムが消えちゃうので、お互いの呼吸を合わせて弾かないといけなくて。そこをライヴではどうやって再現しようかなって思っています。

歌うのも大変そうですよね。

田中
キーがきつくて。最初れいなが全部上のパートだったんですよ。でも、ライヴのセットリストの中でそれを歌うのは無理なので、オカマリとごちゃ混ぜにしてもらいました。ライヴでやるのが一番難しい曲なんじゃないですかねー。
岡田
2番の主メロは私が全部歌っているんですけど、下も低いし、上も高すぎてギリギリのところで歌っているんですよ。なので、ライヴの時に一か八かになるんじゃないかって不安なんですけど(笑)。

そして、またツアーもありますが。

田中
今回のツアータイトルの“~貴方の心(ハート)を盗(いただ)きます~”っていうのは、メンバーみんなで集まって、スタッフさんと一緒に考えました。今までのツアーってコンセプトとかもなくて、タイトルも季節が入っているだけだったから個人的にはつまらないなって思っていたんです。もっとタイトルを見ただけで来る人に“どんなツアー何だろう?”って思ってもらいたくて。内容に関してもみんなで意見出し合って考えているのですごく楽しみです。
岡田
前回はBitter & Sweetと一緒だったけど今回は私たちだけだし、曲もほぼ全曲オリジナルでできると思うので。
魚住
私とマリン(宮澤)が作った新曲もやろうと思っているので、今回みたいにそこからまた次のアルバムにつながっていけたら嬉しいですね。
『イクジナシ』
    • 『イクジナシ』
    • UFCW-1089〜90
    • 2014.11.05
    • 2700円
LoVendoЯ プロフィール

ラベンダー:モーニング娘。を卒業した田中れいな率いるガールズバンド。2012年11月、オーディションで選ばれたメンバーと田中れいなで結成。13年5月、アルバム『ラベンダー カバー The ROCK』でインディーズデビュー。結成2年目にして5度目の全国ツアーを実施する他、対バンイベント、夏フェス、海外イベントなど精力的な活動を展開している。15年7月にシングル「いいんじゃない?/普通の私 ガンバレ!」でメジャー進出。メンバーの脱退を経て、16年12月より田中れいなと岡田万里奈のツインヴォーカル、宮澤茉凜のソロギターの3人体制で活動を再開。LoVendoЯ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。