【angela】『angelaのミュージック・
ワンダー★特大サーカスin日本武道館
~僕等は目指したShangri-La~』201
7年3月4日 at 日本武道館

撮影:釘野孝宏、深野輝美/取材:清水素子

 結成24年にして念願の初日本武道館。それは彼らの歴史の集大成であり、積み重ねてきた年月の厚みと重さに涙振り絞られるものとなった。レッドカーペットから武道館へと入場するふたりが映し出されて幕が落ちると、炎噴き上がる「DEAD OR ALIVE」に続き、「その時、蒼穹へ」では客席を埋め尽くす青いangelaビーム(ペンライト)が場内を星の大海に変えて、幕開けから壮大かつ勇壮なangelaワールドで圧倒する。が、担当プロデューサーが武道館まで走る姿を中継する演出、ダンサーやクラウン、大太鼓を交えたパフォーマンス、そして笑いっぱなしのMCと、想像を絶するエンタメ力もまた彼らの真髄。中盤ではatsuko(Vo)…ならぬ幻の新人アイドルあっちゃんがオリジナル曲「お願い!シャングリラ」を舌足らずに届けたり、トロッコでアリーナを一周したりと、“やりたいことは全部やろうとしてるから!”というatsukoの言葉を証明する。ピアノバラード「Peace of mind」で日本武道館へと導いたファンへの感謝を歌い、アンコールでは無事到着したプロデューサーによりTVアニメ『アホガール』の主題歌担当も発表。しかし、何より最大の事件は、彼ら最初のデビュー曲「memories」を18年振りに披露したことだろう。沸き上がる悲鳴と拍手はKATSU(Key&Gu)に“(辛かった当時を思い出すから)この曲、自分が作った曲の中で唯一嫌いだったの。でも、みんなのおかげで好きになれました!”と涙させ、苦い過去を輝く未来への通過点に見事変えていった。最後に“またこの武道館に、シャングリラに絶対帰ってくる!”と宣言して、全員で腕に座標を掲げて歌った「Shangri-La」の音色は、きっと観客の胸深くに刻み込まれたに違いない。

セットリスト

  1. DEAD OR ALIVE
  2. その時、蒼穹へ
  3. Different colors
  4. KINGS
  5. 此処に居るよ
  6. Yell for you
  7. cheers!
  8. Dream on
  9. 是、夏祭り
  10. 沖縄っぽいインスト(メンバー紹介 )
  11. お願い!シャングリラ(アイドルあっちゃん歌唱)
  12. 蒼い春(アイドルあっちゃん歌唱)
  13. over the limits
  14. イグジスト
  15. 明日へのbrilliant road 
  16. Peace of mind
  17. KIZUNA
  18. 蒼穹
  19. 僕は僕であって
  20. 騎士行進曲
  21. <ドメスティック・ラヴバンド コーナー>
  22. Shangri-La
  23. 負けないで
  24. 大団円の歌
  25. <ENCORE1>
  26. 幸せの温度
  27. memories
  28. シドニア
  29. <ENCORE2>
  30. Shangri-La
angela プロフィール

アンジェラ:低音から高音に伸びる独特のヴォーカルセンスを持つatsukoと、キーボードやギターなどでその世界観を生み出すKATSUによるユニット。2003年にTVアニメ『宇宙のステルヴィア』の主題歌「明日へのbrilliant road」でメジャーデビュー。以降、『蒼穹のファフナー』など数々のアニメ作品の主題歌を担当。また、海外イベントへも多数出演しており、世界中のアニソンファンの支持を得ている。17年には初の日本武道館単独公演を成功させ、2018年デビュー15周年を迎えた。2019年3月下旬よりアジアツアーを開催するなど今なお進化を止めない活動に注目が集まっている。angela オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」