【夜の本気ダンス】『Too Shy A key
TOUR 2017』2017年1月27日 at Zepp
DiverCity Tokyo

撮影:yuki kimura/取材:田山雄士

 2年連続の年明けワンマンツアーとはいえ、昨年の東名阪から今年は全国8カ所での開催へと規模が拡大し、ファイナルの東京はこちらもキャパアップの初となるZepp公演! さらに、西田一紀(Gu)が加わった新体制の夜ダンを目撃しに来たファンも多く、何かと特別ムード満載なわけだけれど、今の彼らは決して臆することはない。むしろ、それを楽しむように、いきなりニューシングル「Without You」でフロアーを揺らしにかかる。オールバックの髪形でキメた米田貴紀(Vo&Gu)を筆頭に、マイケル(Ba)と鈴鹿秋斗(Dr)も堂々たる躍動! そんな中、同じく最新曲の「LIBERTY」を含め、たびたびステージ前方で華麗にソロを弾く西田は、このツアーを通して良い感じでバンドに馴染んでいた。

 MCがややモタついたのは惜しかったものの、ライヴアレンジを随所に施しつつ、「Japanese Style」からの6曲をノンストップで畳み掛けたリカバリーはお見事! 特に、シューゲイザー的轟音で始まった「Logical heart」のドリーミーさと迫力が、Zeepという大バコにマッチしていたと思う。ド派手なフラッシュライトやミラーボールをふんだんに使っての「B!tch」「Crazy Dancer」なども、2017年のスタートダッシュに相応しい。

 “Zeppはバンドマンにとってひとつの目標で、Zeppを回れてやっと一人前なんやと思います。これだけ人いると、目を合わせたくても追いつかんね”と嬉しそうに話す米田。このスケールで試せた経験を糧に、6月からのツアー『No rain,new days o'scene』も輪をかけてオーディエンスを踊らせてほしい。

セットリスト

  1. Without You
  2. WHERE?
  3. Oh Yeah
  4. By My Side
  5. Feel so good
  6. for young
  7. Dookie Man
  8. Japanese Style
  9. fuckin' so tired
  10. Only Nineteen
  11. B!tch
  12. You gotta move
  13. Logical heart
  14. Dance in the rain
  15. LIBERTY
  16. Only Seventeen
  17. escape with you
  18. Show down
  19. Crazy Dancer
  20. <ENCORE1>
  21. LOVE CONNECTION
  22. Fun Fun Fun
  23. <ENCORE2>
  24. 戦争
夜の本気ダンス プロフィール

ヨルノホンキダンス:2008年に結成された、京都出身の4人組ダンスロックバンド。踊れて泣ける100パーセントのダンスロックとライヴパフォーマンスを武器に着実に支持を獲得し、全国のイベントやフェスに出演を果たす。満を持して、16年3月9日にアルバム『DANCEABLE』でGetting Better Recordsよりメジャーデビュー。同年9月をもってギターの町田建人が脱退し、10月に西田一紀が加入。夜の本気ダンス オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着