【CYNTIA】『CYNTIA LIVE TOUR 2017
-Urban Night-』2017年1月28日 at 渋
谷WWW X

撮影:木場ヨシヒト@69Gps/取材:土内 昇

 ドラマーの脱退、レーベル移籍を経て発表した1年9カ月振りのアルバム『Urban Night』を携えたツアーの最終公演。やりたいことを全部詰め込んだという演出は時にコミカルな一面も見せたが、ソーシャルアイドルのnotallと一緒に歌った提供楽曲のセルフカバーだったり、アルバムでも客演しているアルディアスのトキを迎えてのYUIとのギターバトルは会場を大いに沸かせた。また、バンドが思うように動けなかった時に作った「TAKE ME HIGHER」で感極まって歌えなくなったSAKIを、観客がオイコールで支えていたのも印象的なシーン。MCでSAKIが“楽曲はバンドからのラブレター”と言っていたが、それぞれの楽曲からメンバーの想いがダイレクトに伝わってきたし、本公演をもってアルバムが完成したとも言えるだろう。つまり、それは次の扉が開いたことを意味する。

セットリスト

  1. if
  2. 不眠症シンデレラ
  3. 暁の華
  4. Woman
  5. ハピネス
  6. ZOO
  7. TAKE ME HIGHER
  8. Call Me.
  9. 熱ポジヴォルケーノ
  10. JUST NOW★
  11. Run to the Future
  12. Bless of the Fire
  13. 深愛エゴイズム
  14. Through the Fire and the Desire
  15. Life Goes On
  16. Urban Night
  17. <ENCORE>
  18. introduction
  19. 閃光ストリングス
  20. Un!verse
CYNTIA プロフィール

シンティア:2011年に結成。12年4月、シングル「Run To The Future」でデビュー。同年9月に1stフルアルバム『Endless World』をリリース。13年1月に東京ドームで開催されたKARAのコンサートにてバックバンドを務めるなど、サポートミュージシャンとしてのキャリアに裏打ちされたテクニックと、ハードながらポップネスも感じさせる楽曲で注目を集める。同年3月、2ndアルバム『Lady Made』でメジャーデビュー。CYNTIA オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着