【Silent Siren】『Silent Siren Li
ve Tour 2016 「Sのために Sをねらえ
! そしてすべてがSになる」』2016年
7月18日 at 横浜アリーナ

撮影:堂園博之/取材:榑林史章

 ここ横浜アリーナはインディーズ時代に『TGC』のオープニングアクトで出演したことがあり、ひなんちゅ(Dr)は“誰?みたいな感じで見られてすごく悔しかった。その時、絶対ここでワンマンをやるんだと決めていました!”と語った。この日のステージは、またひとつ4人の夢が叶ったかたちだ。広い客席内をトロッコで移動したと思えば、観客を4チームに分けて振り付けを一緒に楽しみ、後半にはDJ YUKAKOO(ゆかるん/Key)によるDJタイム。恒例の罰ゲームを賭けた対決では、すぅ(Vo&Gu)とゆかるんが無人島でサバイバルすることが決定と、多彩な演出で楽しませた。「ビーサン」や「爽快ロック」など、夏全開の曲で会場を揺らしただけではなく、中盤には、すぅの“辛いと思っている子がいませんように。うちらの曲に触れている間は、せめて温かい気持ちになってほしい”とのメッセージともに、「nukumor」をしっとりと響かせる。胸の奥底に熱い炎を燃やしながら、それをグッとこらえたようなエモーショナルな演奏と、幕に歌詞を映し出す演出も相まって、ファンも静かに世界観に浸った。アンコールでは、この日のために制作した新曲「シンドバッド」をファンにプレゼント。“うちらの船にみんなも乗って…あ、もう乗ってるのか(笑)。そうしたら大型客船だね。ゴールはどこか分からないけど、最高の景色を見に行こう!”と、すぅ。荒波を乗り越えるような力強さとともに、会場が一体となるアンセム感を携えた楽曲だ。早くも曲に乗って声をあげたファン。年末のアリーナツアーに向け、新たな船出となった。

セットリスト

  1. milk boy
  2. 八月の夜
  3. BANG!BANG!BANG!
  4. ビーサン
  5. チャイナキッス
  6. Love install
  7. hikari
  8. LOVE FIGHTER!
  9. What show is it ?
  10. 爽快ロック
  11. ハピマリ
  12. nukumor
  13. レイラ
  14. スローモーニング
  15. 吉田さん
  16. C.A.F.E.
  17. DanceMusiQ
  18. KAKUMEI
  19. <ENCORE>
  20. シンドバッド
  21. ぐるぐるワンダーランド
  22. チェリボム
SILENT SIREN プロフィール

サイレントサイレン:2012年11月、シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビュー。通称“サイサイ”として親しまれ、原宿を中心に女子中高生に人気が広がり、15年にガールズバンド史上デビューから最短で日本武道館ワンマンライヴを開催。17年にはデビュー5周年記念日にツアーファイナルとしてバンド初となる日本武道館2デイズ公演を成功させ、18年は自身最多となる33公演のライヴハウスツアーを完走。デビュー6年目を迎え、さらに勢いを増す唯一無二のガールズバンド。SILENT SIREN オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント