【吉澤嘉代子】『絶景ツアー “夢を
みているのよ”』2016年4月30日 at
東京国際フォーラム ホールC

撮影:鳥居洋介/取材:宮本英夫

 これが少女期を卒業した、大人への第一歩。アルバム『東京絶景』の世界を表現するツアーの最終日は、初となるホール公演だ。新生活の始まりを暗示する段ボール箱のセットや、少女時代の愛犬ウィンディの台詞(吉澤嘉代子の二役)など、序盤から物語形式でぐいぐい引き込む。バンドも鉄壁で、フォークロック調の「ひゅー」、ダンスビートの「綺麗」、カントリー風の「ガリ」など多彩な曲調を豊かに彩る、温もりある楽器音が心地良い。「ガリ」では恒例の観客席突入、「手品」では小さな女の子をステージに上げて紙テープの手品をお手伝いさせたり、1曲たりとも飽きさせない演出でライヴは快調に進む。曲間にナレーション形式で進行する“ひとり暮らしを始めた嘉代子とバイト先の店長の恋”は残念な結果に終わるものの、怒りを込めたハードロック「化粧落とし」や、ひとり多重コーラスによる「野暮」など、音と心を重ねて届ける上手さはさすが。後半の名バラード「泣き虫ジュゴン」、そしてアルバムのテーマを象徴する「movie」と、心の支えだったウィンディが去り、独り立ちしてゆく少女の決意が「東京絶景」でクライマックスを迎えた時の感動を、何と表現したらいいか。ただただ素晴らしいのひと言以外に言葉がない。そして、完成度の高い本編とは対照的に、アンコールはゆるめに。未音源化曲「残ってる」と「未成年の主張」、予定になかった「ケケケ」をもう一回やってジ・エンド。音楽、物語、演劇、人間…全てが絡まって生み出す嘉代子ワールドの神髄、ここに極まれり。一生、付いていきます。

セットリスト

  1. ひゅー
  2. ユキカ
  3. 綺麗
  4. ガリ
  5. 手品
  6. 化粧落とし
  7. ケケケ
  8. ひょうひょう
  9. ジャイアンみたい
  10. 野暮
  11. ぶらんこ乗り
  12. シーラカンス通り
  13. なかよしグルーヴ
  14. 泣き虫ジュゴン
  15. movie
  16. ストッキング
  17. 東京絶景
  18. <ENCORE>
  19. 残ってる
  20. 未成年の主張
  21. ケケケ
吉澤嘉代子 プロフィール

ヨシザワカヨコ:1990年、埼玉県川口市生まれ。鋳物工場育ち。14年メジャーデビュー。バカリズム作ドラマ『架空OL日記』の主題歌として「月曜日戦争」を書き下ろす。17年10月に発表した2ndシングル「残ってる」がロングヒットする中、18年11月7日に4thアルバム『女優姉妹』をリリースする。吉澤嘉代子 オフィシャル HP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」