【忘れらんねえよ 】『忘れらんねえ
よ presents“ツレ伝ツアー2016”』
2016年3月27日 at TSUTAYA O-EAST

撮影:岩佐篤樹/取材:田山雄士

 即日完売となったファイナルのツレは夜の本気ダンス! メジャーの風格十分にのっけから飛ばし、「WHERE?」を3曲目に置いてブースターにするなど、踊れる準備ができていない観客をも一気に巻き込む。“バンドの登竜門的なツレ伝にずっと出たくて。これに出て、忘れらんねえよ以外がみんな売れていくんで!(笑)”“忘れらんねえ夜の本気ダンス、して帰りませんか!?”と鈴鹿秋斗(Dr)のMCも舌好調! 町田建人(Gu)の煌めくアルペジオに米田貴紀(Vo&Gu)が《ワクワクして 不安も無くして》と重ねる「Logical heart」、マイケル(Ba)のループが熱い「escape with you」では、彼らの最新モードが確認できた。

 そして、忘れらんねえよ。“登場だけ面白くやれればOKで、あとは歌に集中できてる”と終演後に柴田隆浩(Vo&Gu)が話してくれた通り、「今夜いますぐに」「この街には君がいない」の流れで、たちまちO-EASTに笑顔があふれた。梅津拓也(Ba)のリッケンが丸っこい音でより躍動し、柴田はギターを抑えてゆったりストロークで存分に歌う。強引だけど分かりやすく言えば、ふたりになった彼らはマシータ(Dr)のアシストを得て黒夢のような、歌もベースも立ったアンサンブルに変貌した。“バンドやろうぜって時、梅津くんに初めて聴かせた”という「ドストエフスキーを読んだと嘘をついた」をはじめ、不恰好でもいつだって本気で作ってきた楽曲はどれも輝いている。「バレーコードは握れない」は新アンセムの予感。「別れの歌」は“これから”の始まり。“カッコ良いロックバンドになる”――この決意はもう揺るがない!

セットリスト

  1. 【夜の本気ダンス】
  2. 1.By My Side
  3. 2.B!tch
  4. 3.WHERE?
  5. 4.Too young
  6. 5.Dookie Man
  7. 6.Logical heart
  8. 7.escape with you
  9. 8.Crazy Dancer
  10. 9.fuckin' so tired
  11. 10.戦争
  12. 【忘れらんねえよ】
  13. 1.今夜いますぐに
  14. 2.この街には君がいない
  15. 3.僕らパンクロックで生きていくんだ
  16. 4.体内ラブ~大腸と小腸の恋~
  17. 5.中年かまってちゃん
  18. 6.バンドやろうぜ
  19. 7.北極星
  20. 8.CからはじまるABC
  21. 9.バンドワゴン
  22. 10.バレーコードは握れない
  23. 11.慶応ボーイになりたい~ドラマティック・ラブ~
  24. 12.夜間飛行
  25. 13.ばかばっか
  26. 14.寝てらんねえよ
  27. 15.ばかもののすべて
  28. 16.ドストエフスキーを読んだと嘘をついた
  29. 17.犬にしてくれ
  30. 18.この高鳴りをなんと呼ぶ
  31. 19.忘れらんねえよ
  32. <ENCORE>
  33. 1.世界であんたはいちばん綺麗だ
  34. 2.別れの歌
夜の本気ダンス プロフィール

ヨルノホンキダンス:2008年に結成された、京都出身の4人組ダンスロックバンド。踊れて泣ける100パーセントのダンスロックとライヴパフォーマンスを武器に着実に支持を獲得し、全国のイベントやフェスに出演を果たす。満を持して、16年3月9日にアルバム『DANCEABLE』でGetting Better Recordsよりメジャーデビュー。同年9月をもってギターの町田建人が脱退し、10月に西田一紀が加入。夜の本気ダンス オフィシャルHP

忘れらんねえよ プロフィール

ワスレランネエヨ:2008年結成。11年8月、シングル「CからはじまるABC」でデビュー。柴田を中心に繰り広げられる、笑いあり涙ありのお客さん巻き込み型ライヴパフォーマンスは必見! 大型フェスにも多く参加し、入場規制が出るなど、着実に実力を上げ続けている。15年、ドラムの酒田耕慈が脱退。現在はサポートドラムにマシータ(ex-BEAT CRUSADERS/ex-NATSUMEN)、タイチ(爆弾ジョニー)、サポートギターにロマンチック☆安田(爆弾ジョニー)を迎え活動を行なっている。忘れらんねえよ オフィシャルHP
VAP
柴田隆浩 オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。