【amazarashi】『amazarashi LIVE T
OUR 2014「夕日信仰ヒガシズム」追加
公演』2014年12月24日 at 渋谷公会堂

撮影:HIROSHI TAKAOKA/取材:宮本英夫

 彼らの持つヘヴィな側面を吐き出したアルバム『夕日信仰ヒガシズム』からの冒頭3曲で、テンションはいきなり頂点へ。レーザーが飛び交い、七色のライトが警告灯のようにぐるぐる回る。amazarashiのライヴは何度も見ているが、こんなに生々しい衝動をぶつけるオープニングは初めてだ。秋田ひろむの朗読が次第に熱を帯び、叫ぶようにして「風に流離い」へと突入した時には鳥肌が立った。中盤、ピアノがリードする「春待ち」からはメロディアスな曲が続くが、緊張感は途切れない。「クリスマス」「ラブソング」では久々に、禍禍しいバケモノがスクリーンに登場して暴れまわる。朗読をまじえた「冷凍睡眠」の鬼気迫る大音声もすさまじい。が、この日のハイライトは何といっても「ひろ」に尽きる。極上にエモーショナルな歌と、それを支えるバンドの推進力。激しさ、悲しみ、愛、後悔、そして希望。あらゆる感情を込めて力強く突き進む、バンドの現在位置を示す最新名曲だ。

 “ツアーもあと2曲で終わり。淋しいけれど、そういうものです。ちゃんと終わらせて、わいらは次へと行きたいと思います”――珍しく秋田ひろむが長めの言葉を放ち、聴衆は熱い拍手でそれに応える。果てしない宇宙へと突き進む列車のアニメーションと共に、ラストソング「スターライト」を歌う秋田の声は、もはや枯れる寸前だったように思う。発光、暗転、明るくなる場内。夢から覚めた後味はいつものことだが、何かが違う。過去と現在の集大成のようなライヴの向こうに、希望の光が見える。彼らの世界は確かに、濃度を増しながら広がっている。

セットリスト

  1. 後期衝動
  2. ヒガシズム
  3. もう一度
  4. 風に流離い
  5. 穴を掘っている
  6. 春待ち
  7. さくら
  8. クリスマス
  9. 雨男
  10. ラブソング
  11. 冷凍睡眠
  12. あとがき
  13. ひろ
  14. それはまた別のお話
  15. ジュブナイル
  16. スターライト
amazarashi プロフィール

アマザラシ:秋田ひろむを中心としたバンド。2010年のデビュー以来、一切本人のメディア露出がないながらも、絶望の中から希望を見出すズバ抜けて強烈な詩世界が口コミで広まり、瞬く間にリリースされたアルバム全てがロングセールスを続けている。ライヴではステージの前にスクリーンが貼られタイポグラフィーなどを使用した映像が投影されて行なわれるスタイルで、独自の世界観を演出している。amazarashi オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント