【TK from 凛として時雨 × amazara
shi】『LIQUIDROOM 9th ANNIVERSARY
presents “UNDER THE INFLUENCE”
』2013年9月30日 at 恵比寿LIQUIDRO
OM

取材:土内 昇

 LIQUIDROOMの恵比寿移転9周年記念であり、恒例の対バン企画『UNDER THE INFLUENCE』。会場に足を踏み入れるとGOTH-TRADが大音量でDJ プレイを繰り広げていたが、訪れた静粛が開演の時を知らせる。先陣はamazarashi。ステージとフロアーを遮る紗幕に映し出される映像と秋田ひろむ(Vo&Gu)の言葉の連打が、会場を瞬時に彼らの空間に変えた。そして、ひと言ひと言に重みを伴って放たれる《今辛いのは 戦ってるから 逃げないから》(「あんたへ」)などの言葉の数々。自問自答を繰り返す中で自己嫌悪、懺悔、劣等感…に溺れそうになるのだが、その胸を締め付けるような感覚は、むしろ楽曲に入り込むほどに浄化されていった。11月20日に控える新作アルバム『あんたへ』からの新曲2曲(「匿名希望」「あんたへ」)を含む全10曲で圧倒的かつ孤高、それでいて誰もが共鳴する空間を作り上げたamazarashiのアクトが終わると、再びGOTH-TRADのDJ タイムをはさみ、後攻のTK from 凛として時雨のステージ。TKがひとりで弾き語る新曲による静かな幕開けから、躍動的なリズム隊に繊細なキーボードとバイオリンが折り重り、紡がれる美しい音像に引っ掻き傷を付けるようなアコギが乗る「flower」へと流れていくと、そこからはTKの独壇場。エモーショナルなバンドサウンドに攻め立てられるが、叫びにも悲鳴にも似たTKのハイトーンが乗ることで、その熱はドライアイスのような冷たい熱さに変わる。同時に、《僕は僕でいれる?》(「Abnormal trick」)などの言葉の欠片が全身に刺さっていく感覚を覚えた。amazarashiには映像と言葉で、TKにはセンシティブなサウンドスケープでもって、自分の弱いところや見たくないところに目を向けさせられた本公演。しかし終演後、そんな自分を許せたというか、それが自分だと受け入れられ、また音楽に救われた気持ちになっていたのは僕だけではないだろう。

セットリスト

  1. 【amazarashi】
  2. ポエジー
  3. 夏を待っていました
  4. ジュブナイル
  5. 性善説
  6. この街で生きている
  7. ラブソング
  8. 空っぽの空に潰される
  9. 匿名希望(新曲)
  10. あんたへ(新曲)
  11. 美しき思い出
  12. 【TK from 凛として時雨】
  13. 新曲
  14. flower
  15. Abnormal trick
  16. 12th laser
  17. phase to phrase
  18. haze
  19. Fantastic Magic
  20. film A moment
  21. <ENCORE>
  22. 新曲
  23. Shandy
amazarashi プロフィール

アマザラシ:秋田ひろむを中心としたバンド。2010年のデビュー以来、一切本人のメディア露出がないながらも、絶望の中から希望を見出すズバ抜けて強烈な詩世界が口コミで広まり、瞬く間にリリースされたアルバム全てがロングセールスを続けている。ライヴではステージの前にスクリーンが貼られタイポグラフィーなどを使用した映像が投影されて行なわれるスタイルで、独自の世界観を演出している。amazarashi オフィシャルHP

TK from 凛として時雨 プロフィール

倒的なライヴ・パフォーマンスと確かな演奏力で絶大なる支持を誇る3ピース・ロック・バンドの凛として時雨で、全作曲作詞、エンジニアを担当するブレーンであり、ヴォーカル&ギターのTK(Toru Kitajima)のソロ名義。2011年に突如ソロ・デビューを宣言し、4月にソロでの処女作となるPHOTO BOOK+DVD『film A moment』を発表。同作は海外で撮り溜めた写真、日記、8mm映像といったあらゆる瞬間をもとに制作され、まるで脳内を映し出したかのような繊細で美しい世界観を表現したプロダクトとなった。2012年6月には、1stソロ・アルバム『flowering』をリリース。従来のイメージから自らを意識的に解き放ち、ジャンルを超越した類い稀なサウンドを提示してみせた。同年8月、東京・渋谷公会堂でソロ初となるライヴを実施。その後もライヴを精力的に行ない、凛として時雨の活動をこなしながら、ソロでのバンド・スタイルを模索していく。2014年2月からは、より自分自身の声と向き合うべく、弾き語りのワンマン・ツアー『TK Acoustic & Electric TOUR 2014“Killing you softly”』を敢行。その世界観はますます濃密なものとなり、独自の路線を突き進んでいる。凛として時雨 オフィシャルHP
凛として時雨 Official Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント