【THEラブ人間】『THEラブ人間 リリ
ースツアー2012 「恋に似ている」 単
独演奏会 東京編 【「ぼく」に似てい
る】』2012年7月22日 at 恵比寿LIQU
IDROOM

撮影:坂本正郁/取材:石田博嗣

アルバム『恋に似ている』を引っ提げ、全国を駆け巡ったツアーの最終公演。披露されるナンバーはバンド名通りに人間臭く、少年→青年→大人へと変わっていく心模様が描かれていて、まさに青春賛歌。幾多の焦燥や葛藤を抱きながらも、大人になることを肯定し、不器用ながらも光を目指して生きる…そんな想いがフォークソングのごとく真っ直ぐに歌われ、しかも熱のこもったロックサウンドを纏って胸を直撃してくる。さまざまな感情が落とし込まれた言葉やフレーズに、心の深部のあらゆる箇所を射抜かれたような感覚に陥った。しかし、それはアルバムの世界の再現というよりも、“THEラブ人間”そのものを表現したと言えるだろう。待望の1stフルアルバムのツアーということもあって、結成からの約3年半の軌跡にひと区切り付けるように、全力で歌い&奏でるバンドの姿が印象深かった。

セットリスト

  1. 愛ってかなしいね
  2. アンカーソング
  3. わたしは小鳥
  4. 西武鉄道999
  5. わかってくれない
  6. 病院
  7. 東京
  8. 八月生まれのきみの結婚式
  9. 未成年
  10. 大人と子供(初夏のテーマ)
  11. レイプ・ミー
  12. これはもう青春じゃないか
  13. 悪党になれたなら
  14. 砂男
  15. おとなになんかならなくていいのに
  16. りんごに火をつけて(Light My Apple)
  17. 京王線
  18. bedside baby blue
THEラブ人間 プロフィール

ザ・ラブニンゲン:2009年1月に金田康平(歌手)を中心に突如現れた音楽集団。下北沢を拠点に活動中。“恋愛至上主義”を掲げ、今日も他人と解り合うことを願って、血まみれの恋愛と青春の焦げ臭さを高らかに歌っている。そして、11年8月にEP『これはもう青春じゃないか』でメジャーデビューを果たした。 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着