Hilcrhyme「ROAD to 武道館」
-第二回 アルバムについて-

こんにちは! DJ KATSUです。今回からTOCとKATSU交互に記事を書いていきます。

第二回『ROAD to 武道館』という事で今回のテーマはアルバムなんですが、『FIVE ZERO ONE』の内容に関してはアルバムインタビューのページがあるので是非そちらを見て下さい。
[ インタビューはこちらから ]

インタビューがとてもうまくまとまってるので、ここではもっと細かい楽曲の制作過程について説明していきたいと思います。

では、かなり遡ってインディーズデビューよりも前の時期ですが、この頃はアナログ盤にカップリングされてたインストをPCに取り込み「ACID」というソフトを使って編集して、そのオケにボーカルをレコーディングしてました。

もちろん自宅録音でした。

そしてインディーズデビューとなった「もうバイバイ」の頃には昔バンドマンだった兄から譲ってもらったKORGのTRITONというシンセサイザーと「SONAR」というソフトを使って制作してました。

この時も自宅録音でしたが、CDを出す上で必要になるトラックダウン(TD)とマスタリングという作業があり、ここで初めてスタジオに入りました。

メジャーデビュー後はもちろんボーカルはスタジオ録音になり、TD、マスタリングも東京のスタジオで行われましたが、アルバム『リサイタル』まで制作機材はTRITONとSONARのみでした。

アルバム『MESSAGE』のあたりからYAMAHAのMotifというシンセサイザーを手に入れ、ソフトは「Pro tools」というまさにプロが使ってるものに変わりました。

そして、ソフトシンセというPCだけで立ち上がる便利なものがあり、この時期にかなり充実していきました。
この辺でかなり音質が良くなったと思います。

でも一番変わったのは、自宅でヘッドホンで作業していたのが、プライベートスタジオを作ってモニタースピーカーで作業できるようになった事ですね。

ちなみにモニターはGENELEC 8050ってヤツなんですが、めっちゃ良い音でます!

でも、こういうスピーカーを基準に音をつくっていくと一般的な環境で聞いたときに全然聞こえ方が変わったりするので、どこのスタジオに行ってもメインモニターの他に一家に一台あるような小さいラジカセがあって、交互にモニタリングします。

アルバム『RISING』のあたりではYAMAHAのCP-1というデジタルピアノを手に入れ、ピアノが一気にグレードアップしました。

アルバム『LIKE A NOBEL』では、ソフトシンセがさらに増えて、生ドラムを録音したサンプリング素材を使ってビートメイクしたりしてました。

この頃はジャンベやシェイカー等のパーカションを揃えて、コンデンサーマイクで録音して編集したりしてました。

特に『LIKE A NOBEL』の「ツボミ Acoustic ver.」はこの手法でリズムが作られてます。

結構長くなってしまいましたが、こんな過程を経てHilcrhymeの楽曲は作られてるんです。

今は武道館で鳴り響く音を想像しながら新曲を作ってるので、期待して待ってて下さい!
東京、新潟を行き来するので、メインのPCは持ち運べるMacbook Proを使っていて、Myスタジオでは大きい画面と繋いで二画面で作業できるようにしてます。

東京、新潟を行き来するので、メインのPCは持ち運べるMacbook Proを使っていて、Myスタジオでは大きい画面と繋いで二画面で作業できるようにしてます。

日の丸かっこいい〜!なんか日本代表になった気分。

日の丸かっこいい〜!なんか日本代表になった気分。

「Message to Hilcrhyme」

From Photographer・濱谷幸江さん

初めてHilcrhymeを観た・聴いた時の印象はどんなものでしたか?

濱谷幸江さん
見た目と違ってすごい真っ直ぐにに音楽やってる!
ライブを全力でやっている人達だな!
絶対撮りたい!

Hilcrhymeの魅力とはどんなところですか?

濱谷幸江さん
音楽でも演出でも、常に高い所に標準を合わせて妥協しない。
周りに流される事無く、真っ直ぐ誠実で嘘が無い。
メンバー同士はもちろん、ダンサーやスタッフそしてお客さんまで本当に仲間を大切にしてる所だと思います。

Hilcrhymeのふたりにメッセージをお願いします!

濱谷幸江さん
武道館公演本当におめでとうございます。
いつも最高な景色を見せてくれてありがとうございます。
武道館では、今までで一番素敵な景色見せてくれる事期待しています。
Album 『FIVE ZERO ONE』2/26 発売 UNIVERSAL J
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • UPCH-9921 ¥3,680(税込)
    • ※初回限定盤DVDにはインディーズ時代から現在までの秘蔵映像&秘蔵写真で構成した「History of Hilcrhyme」を収録。
    • 【通常盤】
    • UPCH-1963 ¥3,059

ライブ情報

『Hilcrhyme TOUR 2014』

4/06(日) 埼玉・戸田市文化会館 

4/12(土) 静岡・静岡市民文化会館 中ホール 

4/13(日) 栃木・栃木県総合文化センター 

4/19(土) 京都・KBSホール 

4/25(金) 長野・ホクト文化ホール 中ホール(長野県県民文化会館) 

4/26(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(名古屋市民会館) 

4/29(火) 宮城・仙台電力ホール 

5/03(土) 福岡・Zepp Fukuoka 

5/05(月) 広島・CLUB QUATTRO 

5/06(火) 岡山・岡山市民会館 

5/09(金) 東京・TOKYO DOME CITY HALL 

5/18(日) 北海道・Zepp Sapporo 

5/24(土) 大阪・オリックス劇場
5/25(日) 香川・高松オリーブホール

5/27(火) 新潟・新潟県民会館

★日本武道館公演決定!
9/06(土) 東京・日本武道館

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着