Hilcrhyme「ROAD to 武道館」
-第六回 春のツアーファイナル 最終
日の5月27日の新潟県民会館をはじめ
、ツアー全体の感想-

DJ KATSUです。
色々ありましたが、『Hilcrhyme TOUR 2014 “FIVE ZERO ONE”』無事に終了しました。

ツアー中は極力ネタバレしないようにしていたので、今回はそれも気にせず感想を書いていきます。

まず、この企画のタイトルでもある「ROAD TO 武道館」ですが、ステージセットがまさに「道」になっていて、その先にあるのはもちろん武道館です。

五周年を迎え、目標だった武道館公演が決まった上でのツアーだったので、曲もMCも武道館を意識したものでした。

そしてこのツアーでは握手会も全会場で行われましたが、すべての会場で「武道館も行くね!」という声をもらえたのがとても嬉しかったです。

それでは、少しネタばらし的な解説をしてみましょう。

まず、ライブはオープニングBGMから始まりますが、ツアーコンセプトに沿ったイメージ映像に合わせ「NEW DAY NEW WORLD」のピアノパートがメインになってます。

はじめは「純也と真菜美」のイントロから徐々に「NEW DAY NEW WORLD」に変わり、最後は「大丈夫」で終わります。

コアなヒルクライマーならここまでは気付いたかもしれませんが、これに「春夏秋冬」のギターが加わり、ドラムパートは「シャンプー」→「純也と真菜美」→「大丈夫」と変化します。

さすがに、全部気付いた人はいないでしょう。

初心に帰るというコンセプトでこのようなオープニング曲を作りました。
オープニング時の写真

オープニング時の写真

そしてもう一つ、今やツアーの定番となったHilcrhyme Crewダンサーのソロパートです。

今までは海賊や忍者をモチーフにした演出や、クラブのShow Caseをリアルに再現した演出等がありましたが、今回はダンサーから「BOOST UP」の様にHilcrhymeの楽曲を使ってダンスしたい!と提案があり、ダンサーソロパートはHilcrhymeの曲だけで構成されてます。

そう、Hilcrhymeメジャーデビュー5周年を記念してDJ KATSUがHilcrhymeの楽曲32曲をミックスした『BOOST UP! ~Hilcrhyme Non-Stop MIX vol.1~ Mixed by DJ KATSU』が絶賛発売中、という宣伝はこのくらいにしといて(笑)、このCDとライブをリンクできた事は良かったと思ってます。

Hilcrhymがバックステージにはけている時に、Hilcrhymeの曲が流れて、ダンスするという斬新な演出ができました。
ダンパフォ時の写真

ダンパフォ時の写真

あと、ハプニング的な事は毎回沢山起きますが、特に印象深かったのが高松公演です。

今回の演出で「BAR COUNTER」の時に、本物のバーカウンターが出現するんですが、その後「ポンピラ」のイントロでテキーラショットをみんなで飲む演出がありました。

そこではいつも、テキーラの瓶にウーロン茶を入れておくのですが、TOCのいたずら心で高松公演の時だけ本物のテキーラを内緒で入れたところ、飲んだ直後に一曲歌い上げたTOCは楽屋でゲッソリしていて「ヤバイ吐きそう。。」と、今にも倒れそうなっていました。

なんとかその場はしのぎましたが、次の新潟ファイナルではソーダで薄めたテキーラに変わりました。
新潟公演時のポンピラの時の様子。 ダンサーも気付いてニヤニヤしてます(笑)。

新潟公演時のポンピラの時の様子。 ダンサーも気付いてニヤニヤしてます(笑)。

そんな楽しいツアーも終わり武道館に向かって動き出してますが、まだまだ夏のイベントがあるのでチェックしてみて下さい。

「Message to Hilcrhyme」

From バース ビジュアルディレクター・栗林大地さん

初めてHilcrhymeを観た・聴いた時の印象はどんなものでしたか?

栗林大地さん
初めてHilcrhymeの音を聴いたのは2008年の夏。
郊外へ向かう高速の車内で『新潟にすごくいいグループがいる』と再生してもらったCDから流れてきた、
“土の香りのするHIP HOP” 
どこか懐かしくもあり、情景が浮かんでくる楽曲達はとても新鮮な衝撃で
新潟のアーティストが日本を席巻していくであろう予感に胸熱だったのを覚えています。

その数ヶ月後あるバンドのライブを観に上京したまだメジャーデビュー前の二人とライブのあと食事をご一緒させていただいたのですが、初めて会ったHilcrhymeはそこですでにメジャーのライブでやりたいことをしっかり語っていました。
すごい熱い人間だなというのと、すごい白飯たべるんだなというのが記憶に残ってます。

Hilcrhymeの魅力とはどんなところですか?

栗林大地さん
楽曲の良さはもちろんですがライブと人間性だとおもいます。
毎回新しい試みを取り入れてきてお客さんと一緒に作り上げている空間。
まだ体験したことのない方はぜひ一度足を運んでいただければ!

Hilcrhymeのふたりにメッセージをお願いします!

栗林大地さん
メジャーデビュー5周年、武道館公演決定おめでとうございます。
まだ誰も見たことのない景色、みせてください!
ヒルクライムBOOST UP! ~Hilcrhyme Non-Stop MIX vol.1~Mixed b y DJ KATSU
  1. 純也と真菜実
  2. BOOSTUP!~HilcrhymeNonStopMIXvol.1~MixedbyDJKATSU
  3. 春夏秋冬
  4. もうバイバイ
  5. パーソナルCOLOR
  6. Dancers Anthem
  7. 二〇一一日本ニテ記ス
  8. Kaleidoscope
  9. 夜ノ音
  10. Changes
  11. Your Smile
  12. ジグソーパズル
  13. LAMP LIGHT
  14. チャイルドプレイ
  15. Moon Rise
  16. 押韻見聞録
  17. 臆病な狼
  18. 青天井
  19. 息吹
  20. エール
  21. ウィライキ
  22. Lost love song
  23. Please Cry
  24. BOYHOOD
  25. 内容のない手紙
  26. BAR COUNTER
  27. トラヴェルマシン
  28. SEE BREEZE -Instrumental-
  29. RIDERS HIGH
  30. 次ナル丘へ
  31. Welcome Back
ヒルクライムFIVE ZERO ONE
  1. NEW DAY, NEW WORLD
  2. エール
  3. Your Smile
  4. 想送歌
  5. Theme of “6"
  6. BAR COUNTER
  7. SEA BREEZE -Instrumental-
  8. 次ナル丘へ
  9. 青天井
  10. Lost love song
  11. ウィライキ
  12. Welcome Back

ライブ情報

『Hilcrhyme in 日本武道館 ~Junction~』

9/06(土) 東京・日本武道館
特設サイト http://www.hilcrhyme.com/special/2014budoukan/

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」