Hilcrhyme「ROAD to 武道館」
-第五回 春のツアー中盤戦、ここま
での日程を終えての感想-

TOCです。わっつあっぷ
5月ですね。
Hilcrhyme TOUR 2014 “FIVE ZERO ONE”』の真っ最中でございます。
これを書いている今は7公演終了して、ちょうど折り返し地点に差し掛かったところです。
今まで7回ツアーをしてきましたが、今回のツアーは僕の中でとても大きな変化がありました。

まずツアーというものに、僕の中で
「全公演完璧にこなす。どの会場でも同じものを魅せる」
という絶対的な信念がありました。
それは固定観念という言葉にも差し替えられます。
それが正義だと思ってたし、当たり前の事だと思ってました。
でも、それは違った。いや、違わないのかもしれないけど、
それだけではダメという事に今ツアーで気付きました。

ツアー初日、待ちわびていたファンの皆さんの熱狂ぶりはハンパなかったです。
おかげさまで戸田公演は大成功でした。
そして2公演目、3公演目と続けていく中で自然と
「ここ、こうした方がよくない?」という修正をメンバー内で議論するようになりました。
そして数曲のセットリスト変更と演出の変更が行われました。
これは今までだったら考えられない事です。
公演によってやる曲が違うなんて(もちろん大幅な変更ではないですが)
それを悪しと決めつけていたし、もしかしたらそう思う人もいるのかもしれない。

けど、確実にLIVEが良くなった。
初日が悪かったわけではなく、どちらも「良い」LIVE。
初日やツアー序盤の「フレッシュ感」みたいなものは
ツアー中盤やファイナルでは決して出せないしね。

つまり、、
ツアーとは「更新」されていくものなんだと気付きました。

特に今回のセットでは現場対応力が必要なシーンがいくつもある。
「こなす」ものではなく、一公演ごとに「挑戦」をしてる感覚です。
ver.1.0だったものが今、ver.1.7.6みたいな(笑)
アップデートの繰り返しなんだと思いました。
でも同じ『Hilcrhyme TOUR 2014 “FIVE ZERO ONE”』なのです。

日々更新されていくツアー、最終日はどんなLIVEとなっているのかは
俺たちにもわかりません。

全ての土地で最高のLIVEを!
楽屋にて

楽屋にて

打ち上げにて

打ち上げにて

「Message to Hilcrhyme」

From ヒビノサウンド Div・菅野 “JOHN” 徹さん

初めてHilcrhymeを観た・聴いた時の印象はどんなものでしたか?

菅野 “JOHN” 徹さん
初めて会ったときは、自分の音楽をライブで表現することに、ストイックで妥協しない人達だなって思いました。
トラックを聴いて、切ない詩を優しいフレーズ、重いビートにのせて歌い上げるラップは新鮮で、気が付いたら僕のiPodの再生数が900回を超えてました。

Hilcrhymeの魅力とはどんなところですか?

菅野 “JOHN” 徹さん
とにかく、お客さんが楽しんでもらえるように常に前向きで、ツアー中でも実験を繰り返していくTOCさんとKATSUさんの姿勢は、頭が下がります!
毎公演ごと進化していくHilcrhymeのライブの緊迫感は飽きることがないのです。

Hilcrhymeのふたりにメッセージをお願いします!

菅野 “JOHN” 徹さん
これからも、お互いに協力し合って、まだ誰もみたことのないライブを創ることの手助けになればとおもいます!
最高の武道館になるよう、頑張っていきます。どうぞ、よろしくおねがいします。
ヒルクライムBOOST UP! ~Hilcrhyme Non-Stop MIX vol.1~Mixed b y DJ KATSU
  1. 純也と真菜実
  2. BOOSTUP!~HilcrhymeNonStopMIXvol.1~MixedbyDJKATSU
  3. 春夏秋冬
  4. もうバイバイ
  5. パーソナルCOLOR
  6. Dancers Anthem
  7. 二〇一一日本ニテ記ス
  8. Kaleidoscope
  9. 夜ノ音
  10. Changes
  11. Your Smile
  12. ジグソーパズル
  13. LAMP LIGHT
  14. チャイルドプレイ
  15. Moon Rise
  16. 押韻見聞録
  17. 臆病な狼
  18. 青天井
  19. 息吹
  20. エール
  21. ウィライキ
  22. Lost love song
  23. Please Cry
  24. BOYHOOD
  25. 内容のない手紙
  26. BAR COUNTER
  27. トラヴェルマシン
  28. SEE BREEZE -Instrumental-
  29. RIDERS HIGH
  30. 次ナル丘へ
  31. Welcome Back
ヒルクライムFIVE ZERO ONE
  1. NEW DAY, NEW WORLD
  2. エール
  3. Your Smile
  4. 想送歌
  5. Theme of “6"
  6. BAR COUNTER
  7. SEA BREEZE -Instrumental-
  8. 次ナル丘へ
  9. 青天井
  10. Lost love song
  11. ウィライキ
  12. Welcome Back

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着