OLDCODEX Painter YORKE. 『WHY I P
AINT
~なぜボクがえをかくのか~』
- 第13回 Yesterday / The Beatles
-

今から数年前の12月31日。
1年が終わる、まさにその日にオレは赤い自転車を手に入れた。
それは、昔地元の先輩がくれて、今はもう居なくなってしまった自転車に似てた。正月がなんとなく好きじゃないオレは、1年の終わりも始まりもただいつもの通り、ただいつもと同じ様に過ごしたいと願っていた。それなのに、その年の終わり、いつもの車をやめて自転車に乗った。目的地が分からなくなって、自転車を停めて道路の端に座る。

もう新しい年が始まるって時に、寒さに震えて缶コーヒーと煙草でイヤホンを耳に突っ込んでラジオを流した。1年が終わる瞬間、ラジオから流れてきたこの曲に涙が止まらなかった。急にオレは昨日に戻れない感覚が怖くなった。
365日の過去が目の前を通り過ぎたみたいだった。
"昨日が突然やってきたんだ"
自転車を置き去りにして、始まりに向かっていつまでも走った。

そしてぼくは今日も絵を描く。
街には素敵な音楽が溢れているから。
OLDCODEX プロフィール

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。15年に初の日本武道館公演を行ない、16年6月に発売した4thアルバム『Fixed Engine』では、オリコンウィークリーチャート3位を記録。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を行なっている。OLDCODEX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。