OLDCODEX Painter YORKE. 『WHY I P
AINT
~なぜボクがえをかくのか~』
- 第33回 Knife Party / Deftones -

新しい友達が出来た。
もう知り合って何年も経つというのに、お互いの事はほとんど深く知らなかった。時々挨拶を交わす程度の距離感で俺たちは成立していて、それ以上の付き合いを俺自身も望んでいなかった。きっと彼もそうだろう。
ある夜、どうしても彼に聞きたい事があって彼のオフィスを訪ねた。快く迎えてくれた。
年齢は俺より2つ上だという事も初めて知った。
お互いの仕事や趣味について話していたら、街はすっかり暗くなっていた。聞きたい事はなんだったっけ?
帰り道、子どもの頃に戻ったみたいな気がした。

“Go get your knife, go get your knife”
車のウィンドウは全開、
煙草の煙が流れていく風も心地良かった。
“さあキスしてくれよ”
そしてぼくは今日も絵を描く。
街には素敵な音楽が溢れているから。
OLDCODEX プロフィール

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。15年に初の日本武道館公演を行ない、16年6月に発売した4thアルバム『Fixed Engine』では、オリコンウィークリーチャート3位を記録。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を行なっている。OLDCODEX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着