OLDCODEX Painter YORKE. 『WHY I P
AINT
~なぜボクがえをかくのか~』
- 第43回 Video Killed The Radio S
tar / The Buggles -

10年以上前の話。
Barで隣に座った男と話し込んだ。
オレの話を興味深く聞き、色々と質問を投げかけてきた。
オレは夢中で自分の世界を話して、グラスが空っぽだって事にも全く気付かずに。
帰り際、彼が自己紹介した。
年はだいぶ上だって言ってた。
彼が実はラジオ局のディレクターで、
新しい番組のDjを探している、とも言った。

そして、「YORKE.、ウチで番組を持たないか?」と言った。

オレは、なんだかしらけてしまって
「そういう事だったんだね」
って感じで、彼の名刺を受け取らずに帰った。
ただ、自分の世界に共感してくれる、
そんな大人がとても嬉しかっただけだった。

今思えばとても失礼で子どもっぽい態度だった。
彼はきっともっとオレ自身の世界を広げてくれようと
していたのかもしれない。
ごめんね。

この4月から、そのラジオ局でYORKE.のRadio Showが始まった。
話をもらった時、三宿の真夜中。
あのBarで出会った男と話した事を思い出した。
収録スタジオで話していると、時々不思議な気分になる。
まるで自分自身に語りかけているような。
そして、番組でこの曲を流した。
“覚えてるよ、鳴り響いていたラジオのジングルを”

そしてぼくは今日も絵を描く。
街には素敵な音楽が溢れているから。

YORKE. July, 2016

OLDCODEX プロフィール

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。15年に初の日本武道館公演を行ない、16年6月に発売した4thアルバム『Fixed Engine』では、オリコンウィークリーチャート3位を記録。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を行なっている。OLDCODEX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。