Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』

Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』

【連載】
Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents
『Wet Crate』
- 第20回 J Dilla -

PrizmaXのパフォーマーでありながらDJとしても活躍する島田翼が、長年集め続けた珠玉のレコードコレクションの中からお気に入りを紹介する、偏ったエゴ満載の連載企画。この機会にぜひ、ループミュージックの世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?

こんにちは。2月ですね。さむい。

最近は嬉しいことに仕事でたくさんの地方や、都市に行かせていただいています。そこのご当地レコ屋に行くのが好きで、ライブ後にコソコソ掘ったりしています。
ほら、中古レコードってその1枚しかないワケだし、一期一会っていうかね、、、みたいな理由つけて買っちゃうんです。実際あとで自宅レコード箱の肥やしになってたりするパターンもよくあるのですが。

最近だと、町田のディスクユニオンが驚きのラインナップでしたね。デトロイトテクノとか好きな方は是非行ってみてください。いいのゴロゴロ転がってましたよ。

さて、今回は僕の人生を変えたアルバムを紹介します。死を覚悟した孤高の天才による、生前最後の大実験作。

僕のこのLPに対する愛情、情熱、寂しさはなかなか伝わらないかと思うのですが、正直、言葉で伝えられないくらい大好きなんです。
【人生にたった一度だけの大切な愛】なんていうフレーズを最近よく耳にしますが、これもまさにそういうことなのかな。このアルバムをリアルタイムで聴けていないということが少し残念ですが、時を超えて愛されるものって、やっぱりあると思うんです。

もしJ Dillaがいま生きていたらどんな音楽をやっていたのだろう。会ってみたかったなぁ。
ひとつ気になることは、没後12年経ちますが、未だに過去のアンリリースドの作品を数枚リリースしてるってことです。しかもめちゃくちゃカッコいい。
どこかで隠れて生きてるんじゃないか?

でもやはり、僕にとって「Donuts」は特別なものです。中学一年の頃にこのアルバムに出会えて良かった。
Tsubasa Shimada(PRIZMAX) プロフィール

シマダツバサ:幼少の頃よりダンサーとしてのキャリアを積み、高校生の時にニューヨークへ単身短期留学に発つ。現在はダンス&ヴォーカルユニット、PRIZMAXのパフォーマーとしてステージに立つかたわら、DJや写真などのカルチャーに没頭する。縦横無尽にさまざまな音楽体験を経た中で、現在はダンスミュージックに着地し、ミニマルな繰り返しの中で独自のグルーヴを紡ぎ出すDJプレイで空間を彩る。ハウスミュージックの疾走感と共に、芸能界屈指のDJ/レコード・ディガーを目指し音の旅を続ける。PRIZMAX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着