高橋 優『世界で一番読まれたい手紙』

高橋 優『世界で一番読まれたい手紙』

高橋 優
『世界で一番読まれたい手紙』
- 第35回 僕の中村義洋さんへ -

拝啓 『ほんとにあった!呪いのビデオ』のナレーターをやってくれてどうもありがとう。
中村義洋といえば『、アヒルと鴨のコインロッカー』や『ゴールデンスランバー』など、数々の話 題作を手掛ける映画監督として認知している人が多いことでしょう。まさか‘あのナレーショ ン’の主があなただったとは、まことに遺憾ながら僕自身最近まで存じておりませんでした。
友人に薦められ、怖いもの見たさで初めて『ほんとにあった!呪いのビデオ』を観たのが今 から7年前。怖いんだけど自宅でお化け屋敷のスリルが楽しめて、シリアスなんだけどなん か面白い。そんな内容がいつも気になってしまって、今日に至るまでときどきそのシリー ズを借りて来ては友人と楽しませていただいております。
その大きな魅力のひとつにあなたのあの独特な雰囲気を醸し出すナレーションが挙げら れると、僕は確信しております。“お分かりいただけただろうか?”“...とでも、言うのだろ うか”など、印象的なあなたのフレーズはもはや僕と友人とのお馴染みになっていて、とき どき勝手ながら真似をして盛り上がる程です。天は二物を与えずといいますが、映画監督 であるあなたのナレーションに引き込まれてあのシリーズを観ている人は僕や友人だけ ではないハズです。
いつかお会い出来ましたその時には、 是非ともあなたの歌声も聴かせていただきたいのです。 敬具

あなたへの一文字・・・「声」
高橋優 プロフィール

タカハシユウ:1983年12月26日生まれ。札幌の大学への進学と同時に路上で弾き語りを始め、08年に活動の拠点を東京に移し、10年7月21日、シングル「素晴らしき日常」でワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。13年11月には日本武道館での単独公演を成功させた。デビュー5周年迎える15年7月にはベストアルバムをリリースし、同月25日には秋田県の秋田市エリアなかいちにてフリーイベントを開催。高橋 優 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。