高橋 優『世界で一番読まれたい手紙』

高橋 優『世界で一番読まれたい手紙』

高橋 優
『世界で一番読まれたい手紙』
- 第36回 僕のレオナルド・ディカプ
リオさんへ -

拝啓 『太陽と月に背いて』のアルチュールランボー役を演じてくれてどうもありがとう。
『J・エドガー』を早く劇場に観にいかなくてはと思っている昨今。言わずとしれたあなたの 活躍ぶりにはいつも元気をもらっております。
今の映画業界においてあなたは常に重要であり、その存在感は時を経る毎に巨大化してい る印象を僕は抱いております。
そんなあなたが、その名を世に轟かせてまだ間もない頃に出演した『太陽と月に背いて』。 そのセンセーショナルな内容とあなたの演技に度肝を抜かされたものです。シナリオだけ が映画を面白くするのではなく、演者のチカラや存在感が映画をより魅力的にするという ことをあの作品で知りました。
監督が誰だとか、どんなエピソードだとかを気にしなくとも、あなたが出演している作品 はとにかく観ようと思うようになったキッカケでした。
もしも実際にお会い出来るそのときのために、この熱い想いを直接伝えられるように、僕 は英会話を学んでおきたいと思うのです。 敬具

あなたへの一文字・・・「王」
高橋優 プロフィール

タカハシユウ:1983年12月26日生まれ。札幌の大学への進学と同時に路上で弾き語りを始め、08年に活動の拠点を東京に移し、10年7月21日、シングル「素晴らしき日常」でワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。13年11月には日本武道館での単独公演を成功させた。デビュー5周年迎える15年7月にはベストアルバムをリリースし、同月25日には秋田県の秋田市エリアなかいちにてフリーイベントを開催。高橋 優 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。