高橋 優『世界で一番読まれたい手紙』

高橋 優『世界で一番読まれたい手紙』

高橋 優
『世界で一番読まれたい手紙』
- 第47回 僕の井上雄彦さんへ -

拝啓 「スラムダンク」をあそこで終わらせてくれてどうもありがとう。

あなたの漫画は全部持っております。
イラスト集的なものもあなたに関する映像作品も、全て持っております。催されたイベントにも足を運びました。

あなたから発信されるものは何が何でも受け取らなくては。という価値観が僕の中に根付いております。

きっかけはやはり桜木花道。
全国制覇でなく、晴子さんに振り向いてもらうでもなく、試合で負った怪我のリハビリのシーンで終わることの意味。それをずーっと考えておりました。

気付くと、漫画の一コマ一コマに込められたあなたの想いを考察するのが凄く好きになりました。

今は「バガボンド」と「リアル」を、何度も読み返しては新たな発見をしたり物思いに耽るのが僕の憩いになっております。

あなた以外の様々な作品を見る際にもその考察の視点は非常に役立っております。

いつか実際にお会い出来たそのときには、大変恐縮なお願いと知りつつ、是非とも、絵を描くところを僕に見せていただきたいのです。

敬具

あなたへの一文字・・・「我」
高橋優 プロフィール

タカハシユウ:1983年12月26日生まれ。札幌の大学への進学と同時に路上で弾き語りを始め、08年に活動の拠点を東京に移し、10年7月21日、シングル「素晴らしき日常」でワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。13年11月には日本武道館での単独公演を成功させた。デビュー5周年迎える15年7月にはベストアルバムをリリースし、同月25日には秋田県の秋田市エリアなかいちにてフリーイベントを開催。高橋 優 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。