泉 彩世子『脳内ジュークボックス』

泉 彩世子『脳内ジュークボックス』

泉 彩世子『脳内ジュークボックス』
- 第16回 「A Change Is Gonna Come

Sam Cooke -

私の心にひっかかって、揺らしていく、そんな唄たち。リンクする想いや情景を絵にしてお送りします。

当たり前なんやけど、親と似てるところっていくつもあるやん。
外見も内面も。
で、お父さんと似ているところっていうひとつめが "好き嫌い"
嫌いなものが大体一緒。そして理由も答えあわせをしたように一緒。

こないだお父さんが東京に来てたとき夜ご飯を買いにスーパーに行ってん。
お寿司の前で止まったんやけど、私と父親だけやと嫌いな寿司ネタがかぶるからパック寿司は買えないなって結論に至った。
私も父親もイカのお寿司が食べられない。あとタコも食べられない。
なぜかというと、のみこむタイミングがわからないから。
噛んでも噛んでも口の中にあるから。
他の家族がいると均等になくなるんやけどな。

ちなみにこないだある人が、
「ホルモン嫌いっていう女で "飲み込むタイミングがわからなぁ~い" というやつが嫌い」
って目の前で言ってた人がいて、あ、私や!!って思った。

嫌いと言われたって、もう、ここで告白しよう。

私は、ホルモンをのみこむタイミングがわからない。
大縄跳びに入り損ねるような状態が続く。

今か! 今か! 今か! 違うんか!
今か! 今か! 今か! …今やろ!!!!

って思い切っていくと喉につかえる。
本気でわからない。

本気で、、、


わからない。

同じくイカもタコもわからない。
なんならナタデココは甘いイカみたいで頭が混乱する。
どっちやねんと思う。

それぞれの食べ物に携わっているみなさん、ごめんなさい。

でもな! ホルモン! 最近! タイミングの難しさに、おいしさが勝ってきて克服してきてんねん。
おいしいけど、神経使って飲み込むからいくつもはしんどいわ。
頭疲れるわ。
ビビリやから人も食べ物も好きになるまでめっちゃ時間を要するねん。
けどおいしさ、わかってきつつあるで。

タコは吸盤のルックスが怖いねん。
キノコの かさ の裏側も怖い。
すごいミッチリしてるから。
食べ物ってルックスがすごいもの結構あるやんな。
これ最初に食べた人すごいな…っておもうもんいっぱいある。

なまことか。

高校の修学旅行でスキューバダイビングしてて、水中ではしゃいでた友達にさ、なまこをプヮンと投げられたときは…
もうそれはそれは…
ゆるゆるとこっちに向かってくるなまこが恐ろしすぎて…
おののいてロープを放したし、くわえてる酸素ボンベを吹き出しそうになったもんな。
あれは、こわいわ。おいしいらしいな。

ウニとかもなぁ!! 結構パンクな見た目してるよな。
結局なんなんかよくわからんし。
本体なん? 卵なん? 内臓なん?
みんな「私は今何を食べているか」をわかって食べてんのかな。

ちなみに今調べたら「卵巣or精巣」らしい!!!!!!
知ってた!?!?!?
へぇー!!
…わかったようなわからんようなやな。
やから、どっちやねん!?やな。

こんなに頭から入るように言っておきながら、北海道でウニをおそるおそる食べた瞬間好きになりました。
「オレンジのこれ、おいしいやん。」って。
北海道恐るべしやで。

なんやめっちゃ話ズレた笑

お父さんと似てるとこな、あと、骨。

スタイリストさんとか、整体師さんに時々言われる背中の方のあたりの骨。
「なんかすごいとがってるよ! 羽みたい!」とかちょっとお世辞混ぜつつ言われるわけや。
そんなええもんちゃうやろ。
とがってんのか? これ?と思うわけやね。
あんまり言われたから、病気か、骨折か、姿勢が悪いのかと心配になってきて。
人に相談したりしててん。

ほんで実家帰ったときお風呂上りのタオル巻いた父親の背中見て、

「なんや。遺伝か。」と思った。

しょーもな。話、しょーもな。

ほんでな、似てるとこ、やっぱり音楽。

昔教えられた曲があってん。うたってみ?って入りだけ教えられた。
英語の曲。「あいわずぼぉーん ばいだりぶー いぬりるてん♪や!」って。

小学生のときやし、そんなもん単純でキャッチーでキラキラな日本語の歌が好きやん。
せやのに、しつこいしつこい!!
嫌やった。

でもさ、何年かして、ウルフルズさんを好きになり、そこからトータス松本さんのルーツを知り。
昔父親に口頭で教えられた、意味の分からんひらがなでうかんでた曲に、辿り着いてんな。

「かかかかか!! かっこよーーー!!! しびれるやん!!」となった。

そんな風に、今までも言われたけど「ふん!」と思ったことが、
何年かして衝撃的に理解できること、共感できることって親以外でもあるやん。
先輩、先生、上司とかさ。

結局ここやったのか!!っておもうことがあるやん。
あのときは何のことを言われてたのかわからなかったけど…
あのときは良さがわからなかったけど…
あのときは別の道を選んだんやけど…

「結局ここか。」って。

数年越しの「なるほどーー!!」っていうやつに遭遇したとき頭の中で流れてくるのは、
父親に教えられたあの英語の曲。

「A Change Is Gonna Come」/Sam Cooke

ほんまに、なにかがスッポォーン!!と生まれたような衝撃と共に脳内プレイングやわ。

とここでいきなりあれですが、つい先日わたくし人生初ワンマンLIVEを行いました!! 満員御礼!!
そこで歌ったよ。「A Change Is Gonna Come」

実は前回の連載で書いた「氷の世界」もワンマンLIVEでうたってん。
「氷の世界」は母親が好きな曲。そちらも私のルーツやね。

とてもありがたくて幸せな光景を目の前に自分のルーツになっているこの曲たちを歌えたのは嬉しかった。
かかわってくださった全ての人に感謝。ありがとう。
そしてここからがスタートです。今後ともよろしくお願いしますよっと。
ほな。
泉 彩世子 プロフィール

イズミサヨコ:1988年、大阪生まれ。キングレコード創業 80 周年企画『Dream Vocal Audition』にて、1万人を超える応募者の中から圧倒的な歌唱力と存在感でグランプリ(with賞)を受賞し、12 年11月にシングル「スクランブル」でデビューを果たした。


●NEWシングル『愛の詩(他2曲)』がタワーレコードオンラインにて全国でお求めいただけるようになりました!シングル「愛の詩」(TOWER RECORDS ONLINE)
泉 彩世子 オフィシャルHP
泉 彩世子 オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。