泉 彩世子『脳内ジュークボックス』

泉 彩世子『脳内ジュークボックス』

泉 彩世子『脳内ジュークボックス』
- 第20回 「Blowin' in the wind」
Bob Dylan -

私の心にひっかかって、揺らしていく、そんな唄たち。リンクする想いや情景を絵にしてお送りします。

はい、サボり癖があります。
はい、苦手です。っていうか嫌いです。
はい、そのくせ人に嫌われるのが怖いです。
はい、ええカッコしいです。
はい、幼稚です。 でも人一倍大人ぶります。

あげればきりがないけれど、ここらで一回認めてみます。

そんなときに頭の中で流れてくるのは…

「Blowin' in the wind」/ Bob Dylan

風に吹かれて、身を任せて、力を抜いて、ええなぁ~。

最近の私のテーマはな、開放!と、削ぐ!やねん。

前は、かゆいところに手が届く人間に憧れててん。
でもあっちゃこっちゃ掻けるほど腕長くないわ!!って思ってん。
どっちもこっちも撫でるようなんなるんやったら一ヶ所えぐれる程掻き毟るほうがええわ!って。

こないだまでライブに行くのにめっちゃ大荷物やってん。
衣装持って、靴持って、品切れしてたらお客さんに悪いから全種類のグッズ持って。
喉のために加湿器。予習のためにヘッドホンとボイスレコーダー。プロポリスと龍角散!!
その他たくさん!! みたいな。

しんっどいねん。
まず荷物重いねん。
で、準備してる間に緊張しまくってくんねん。
カッコええ衣装は腕が伸びづらかったり、ワンピースで動きすぎるとつんつるてんなる!っていう。
結果、なんかいまひとつ動けない…みたいな。

アホやろ。
これではあかん!!
満面の笑みで帰り道を歩きたい!!

「よし、リュックひとつでいこ。」

で、こないだ自分なりの"削げるだけ削いだ状態"でライブハウスに行ってん。
帰り道、ニィィーーーッコニコや!!
めっちゃ楽しかった。
いかんせん思うように動ける。
いらんこと考えんでいい。

悩んでたことがなんやったか帰り道忘れとった。

アホや。単純や。

いろいろ忘れ物すごかったけどな。

まぁとにかく元気で行けば歌えるんやもん。
あといつも助けて下さるサポートミュージシャンの方さえ来てくれたら素敵なライブになる。

そんなことに今更気づいたというか、たぶんそんなことは前から知っててんけど。
削ぐのはなかなかこわい。そして必要なときに欲しいものが無いのが嫌やねん。

でもライブに限らずそうやってると嗅覚がめっちゃ鈍る。

この人苦手やけど偉い人やし断れないわー…とか。
この服そない気に入ってへんけど安いから買っとこ…とか。
ほんまはこっちが好きやけどあっちすすめられたからあっちにしよ…とか。

あかん。
鈍る鈍る!!
自分が何が好きかわからんようになってくる。
ふと立ち止まった時に手に持ってるもん見て、「何やコレ! いらんわ!」ってなる。

変な話やけど、気づけば練習しないと心のまんまに従えない。
悲しい。楽しくない。こんなん嫌。

人に合せることが出来るのは素晴らしいと思うねん。 今はピタッ!!と合わせてみよう!!って思えるときも絶対ある。 真逆の意見言うてくるけど、その心意気にのるわ!!っていう人と出逢うときも絶対ある。 嬉しいと思って出来るか、犠牲と思ってしまうかやなって。

今の目標はな、初対面の人と会うときにすっぴんで行ってみるっていうのん。
掲げた目標があまりにもアホみたいで書いてて恥ずかしいですけどもね。
仮面のように塗り固めてる間に心もガッチガチになってまう。
そない顔面と心を連動させんでええやろと自分で思うねんけど、なんか連動してるみたい。

とにかく剥きたい。脱ぎたい。取りたい。捨てたい。

ほんまはな、

嫌いとまで言わなくても苦手な人、おるおる。
っていうか30分一緒におったら8時間に感じる人、おるおる。
どんだけ、「合うよ!」と言われても歌いたくない歌、あるある。
メリットの塊でも自分の道徳的にやりたくないこと、あるある。
百歩譲っても納得いかへん社会常識、あるある。

あるわ。ある。認めよう。
ポーカーフェイスでやり通せるたちでもないし。

そのぶん好きな人だっておる。三日前に一緒に飲んだのにまた誘ってしまう友達とか。
頼まれごとやけど、前のめりに手伝わずにおれない楽しいこともあるし。
時間忘れて調べて研究しちゃうこともあるし、どれだけ変やと言われようと好きな服もある。

ちょっとな、嗅覚を取り戻す時期やわ。
あったかくなってきたし。開放開放。

プライベートでも、音楽でも、ささやかでいいからやってなかったことやってみようと思ってます。
ライブでは、歌ってない新曲やってみよ!というのと、もっとカバーをやってみよ!というのん。

今までは聞いてもらう目線も意識してカバー曲を選んでました。
でも、この連載ではずいぶん前からずっと、本当に自分の趣味だけで書かせてもらってます。
ほんまに好き勝手に、これを読んでるあなたがこの曲を知ってるか知らないかなんて考えずに。
とっても楽しい。

だからカバー曲を入れられるときは、ここで取り上げさせてもらった曲とかね、歌っていきたいなっ て。
カッコいい曲がたくさんあります。
ぜひ今までの連載も遡って見て、聴いてみてください。

そしてよかったらLIVEにも来てください。
泉 彩世子 プロフィール

イズミサヨコ:1988年、大阪生まれ。キングレコード創業 80 周年企画『Dream Vocal Audition』にて、1万人を超える応募者の中から圧倒的な歌唱力と存在感でグランプリ(with賞)を受賞し、12 年11月にシングル「スクランブル」でデビューを果たした。


●NEWシングル『愛の詩(他2曲)』がタワーレコードオンラインにて全国でお求めいただけるようになりました!シングル「愛の詩」(TOWER RECORDS ONLINE)
泉 彩世子 オフィシャルHP
泉 彩世子 オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。