近藤晃央『近藤晃央の空想季節』

近藤晃央『近藤晃央の空想季節』

近藤晃央『近藤晃央の空想季節』
- vol.17「境界線」 -

気になる言葉は、木になる言ノ葉。1つの「言葉」が1つの意味だけじゃない、そんな言葉の面白さをグラフィックスや写真と一緒に書いていけたらと思います。
ある人は境界線を作るのがすきだ
ある人は境界線上に壁まで作る
ここまでは入っていい ここからは入ってくるな
その境界線の内側のこと
別の名を「自分だけの世界」とも呼ぶ
もし、その範囲が自分だけの世界だったら
きっと誰からも傷つけられないし
誰かを傷つけることもない
でも、その範囲が誰かと重なったりもする世界だから
共鳴したり、愛したり、触れ合ったり
救うことも救われることもあるのだろう
誰もが自分の世界がある
何かを守るために壁がある
でも、その壁にはドアもある
きっとそんなバランスがいい
近藤晃央 プロフィール

コンドウアキヒサ:中学時代に聴き始めたパンクをきっかけに、邦洋問わずさまざまな音楽を聴いていく中、昭和歌謡にはまり、傾倒。そこから影響を受けた独自の“和メロ”をベースに、歌とアコーステックギターをかき鳴らし、さまざまな音楽性がクロスオーバーし、懐かしくも新しい独自の音楽を生み出している。2012年9月19日にシングル「フルール」でメジャーデビュー。近藤晃央 オフィシャルHP
近藤晃央 オフィシャルYouTube
近藤晃央 オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。