近藤晃央『近藤晃央の空想季節』

近藤晃央『近藤晃央の空想季節』

近藤晃央『近藤晃央の空想季節』
- vol.21「シンガーソングライター」
-

気になる言葉は、木になる言ノ葉。1つの「言葉」が1つの意味だけじゃない、そんな言葉の面白さをグラフィックスや写真と一緒に書いていけたらと思います。
言葉だけでは伝えられないことがあって

音符だけでは伝えられないことがあって

だけど話したいことは沢山あって

聞きたかったことが沢山あって

君に伝えたかった気持ちを歌って

聴いた誰かが一緒に歌ってくれて

君はもう居なくなって

だけど僕はまだその気持ちを歌って

一緒に歌った誰かの歌になって

また誰かを大切に思って

また伝えたいことが増えて

伝えられないことも増えて

またそれが歌になった

聴いてくれるかい

君の歌なんだ
近藤晃央 プロフィール

コンドウアキヒサ:中学時代に聴き始めたパンクをきっかけに、邦洋問わずさまざまな音楽を聴いていく中、昭和歌謡にはまり、傾倒。そこから影響を受けた独自の“和メロ”をベースに、歌とアコーステックギターをかき鳴らし、さまざまな音楽性がクロスオーバーし、懐かしくも新しい独自の音楽を生み出している。2012年9月19日にシングル「フルール」でメジャーデビュー。近藤晃央 オフィシャルHP
近藤晃央 オフィシャルYouTube
近藤晃央 オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。