ジン ひぃたん『世界観の情景』

ジン ひぃたん『世界観の情景』

ジン ひぃたん『世界観の情景』
- 第19回 『中心部で脈打つ心臓』 -

唄では表現し切れない、濡れ出る世界観を絵に納める。この連載では、自分の内面を改めて見直すという意味も込めて、見てくれる皆様に敢えて絵の解説をしてみようと思う。

太い線と細い線が入り混じっている細かい絵が描きたくなったので、
とくに何にも考えず描き始めた。


絵を描き始める時は、だいたいなんにも決まってない時が多いので、
描きながらどんな絵にするか決めて行く。


と、いうか勝手に決まって行く。


絵は自分の心理状態を映すというけれど、
いつも描き終わったあと自分の絵を見てみて、
あーあたし今のテンションこんな感じなのかー、と知る。


今回、自分の絵を自分の解釈で簡潔に読み解くとしたら、
多分、精神的にとても前向きな状態なのだと思う。


確固たる太い線の中に様々なビジョンがあって、それは明確ではないけれど、アイディアが見え隠れしていて、その中心部には脈打つ心臓が動いている。


今回、スキャナで色が潰れてしまったけれど、
ピンク色のところと薄黄色のところは、本当は蛍光ピンクと蛍光イエローなのです。


自分ではこんな風に自分の絵を解釈するけれど、
他人の目から見たらこの絵はどんな風に映るのかな。
ジン プロフィール

ジン:ひぃたん(Vo)、ハルカ(Gt)、MOTOKI(Ba)、哲之(Dr)による、女性ヴォーカリストを擁する4人組ロックバンド。2003年夏、東京・府中にて同じ高校に通う、別々のバンドで活動していた4人が“この4人なら最強!”と意気投合して結成。オリジナル楽曲を制作し、ライヴ活動をスタート。2005年には全国50カ所を超えるツアーを敢行。ひぃたんの歌や歌詞が醸し出す独特の世界観、演奏やサウンド、アレンジの圧倒的オリジナリティー、唯一無二なバンドの存在感が注目を集め、2006年5月24日にミニアルバム『言錆の樹』でメジャーデビュー。テレビ朝日系『ミュージックステーション』でのパフォーマンスが鮮烈なインパクトを与え、8月リリースの1stシングル「雷音」でその名を全国に轟かせる。2010年4月、Defrock Recordsへ電撃移籍を果たし、7月に2ndミニアルバム『エンジン』をリリース。夏フェスにも多数出演し、ライヴバンドとしてのポテンシャルの高さをしらしめ、全国37本のツアーを大成功させた。2011年、関西を中心に展開している現役予備校『研伸館』のCMソングに起用された未発表曲「夢幻の光」、オリジナルプリントTシャツの販売・制作・通販の『プラスワン』のCMソングに起用された未発表曲「ブルースケール」がともに関西を中心に話題を集める。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。