PrizmaX『スターダストの兄貴分』

PrizmaX『スターダストの兄貴分』

PrizmaX『スターダストの兄貴分』
- 第2回 久保田利伸「LA・LA・LA LO
VE SONG」 -

楽曲作りのルーツである偉大なアーティストの名曲をアカペラで披露することにより初心を忘れないでいようとする、彼らなりの自戒を込めたもの、まさに彼らの5枚目のシングルのタイトル「OUR ZONE」そのものである。

今回は久保田利伸さんの「LA・LA・LA LOVE SONG」を選びました。 昔サイパンに住んでいた頃、登校中(小学校)にバスの中で聞いたのが初めてで、毎日聞くことによって意識した、当時まだ見ぬ日本の歌の一つになり、今でもメロディーが頭から離れない、そういった曲です。

実は久保田さんがニューヨークで住んでいたマンションのエレベーターの中で、偶然ナオミキャンベルさんと対面し仲良くなり一緒にこの曲をレコーディングすることになったというバックストーリーを後で知りました。

そんな瞬発的に物事を進めることのできる好奇心とクリエイティヴィティ!に憧れ、興奮したのを思い出します。 そんな久保田利伸さんの曲を、サイパン時代を思い出しながらあえて英訳し、歌ってみました。聴いてみてください。

黒川ティム
PRIZMAX プロフィール

プリズマックス:2002年結成。10年からスターダストプロモーションの男性タレント集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)に参加。13年3月に結成10周年を迎え、ダンス&ヴォーカルユニットとして「Mysterious Eyes/GO!」でCDデビューを果たした。R&B、ヒップホップ、ファンクなどの要素を取り入れた音楽性から、国内外問わず多数のフェスから声が掛かるなど、活動の幅を広げている。19年、新メンバーを迎えて7人体制になったと同時に、グループ名を全て大文字表記の“PRIZMAX”に改名。新体制初の作品となるアルバム『FRNKSTN』を同年4月にリリース。PRIZMAX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。