WEBER Hayato『ハヤトノセカイ』

WEBER Hayato『ハヤトノセカイ』

WEBER Hayato『ハヤトノセカイ』
- 第4回『グランツーリスモ SPORT』
-

WEBERのVOCALであるHayatoが音楽を楽しみながらできるおすすめのゲームを紹介していく。
マルチなアーティストを目指すべく日々研究しながら自分の趣味であるゲームでレベルアップを試みる!!

どうも! WEBER Hayatoです!!

今回紹介させていただくゲームは『グランツーリスモ SPORT』。このゲームは車好きにはたまらない、超リアルなレーシングゲームです。シリーズ最新作の今作は、本当に車を運転しているかのような錯覚を起こすほど、リアルに作られていて、猛スピードですこしハンドルを切ると、その遠心力で車体が持っていかれてしまったり、ひとつブレーキのタイミングを間違えるとコースアウトしてしまったり、すごーく繊細な操作が必要とされるゲームなんです。
その繊細な操作が出来るようになってくると、相手の車との駆け引きが出来るようになり、コーナーで相手を抜き去った瞬間や1位でゴールした瞬間は達成感、高揚感に満ち溢れて、思わずテレビの前でガッツポーズしてしまうほどです!(笑) 生で運転しているかのような、この臨場感がたまりません(笑)×2

そして、その臨場感や高揚感というものは、僕たちが行うライブにも通じるものがあると思います。と言うのは、レーシングゲームで言う「相手を抜き去った瞬間」や「ゴールの瞬間」は、ライブで「お客様もアーティストも最高潮に盛り上がった瞬間」や「アンコール後の瞬間」と似ている部分があると思っていて…。

僕たちダンスボーカルグループ、そして色んなバンドさんやアーティストさんのライブは、その瞬間瞬間の「生」の臨場感や、その会場でしか味わえない高揚感、空気感があります。最近は家や外出先でもライブを観れる機会が増えていますが、一瞬の空気の流れや会場の熱気、パワーと言うものはその会場でしか味わえない物だと思います。

ライブはお客様とアーティストの人間パワーのぶつかり合いです。その人間パワーのぶつかり合いがお互い最高地点までたどり着いた時にめちゃくちゃ最高の高揚感に包まれるんです!! それは「生のライブ」でしか感じられない、最高の高揚感です。

「初めて行くから迷ってる」
「1人で行くのが不安」

色んな気持ちがあると思いますが、行きたい!と思ったライブにぜひ足を運んでみてください。きっと何か、明日を生きるパワーをもらえると思います。それぐらいライブはスゲー物だと思って、僕らはやっています!!
ぜひライブで、お会いしましょう!!
WEBER プロフィール

ウェバー:2013年6月に結成された4人組ダンスヴォーカルユニット。美麗な容姿と実力重視のダンス、魅惑のヴォーカル力が集結したグループとして注目を浴びる。2017年1月にZepp Namba、Zepp DiverCityのワンマンライヴを経て、同年2月にシングル「オオカミの涙」でメジャーデビュー。19年2月20日に移籍第一弾シングル「READY」をリリース。そして、6月26日にメジャーデビュー後、初となるフルアルバム『deception』をリリース。WEBER オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着