2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂

2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂

【Brian the Sun ライヴレポート】
『TOUR 2018「the Sun」』
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂

2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
2018年4月22日 at マイナビBLITZ赤坂
 Brian the Sunにとって、最大規模となった『TOUR 2018「the Sun」』。“新しい自分デビュー”をテーマに掲げ、いろいろ考えながらやってきたという今回のツアーは、改めてBrian the Sunというバンドの本質を明らかにしたようだ。今年1月にリリースしたメジャー2ndアルバム『the Sun』の曲を中心に、2時間にわたって気迫に満ちた熱演を繰り広げた東京公演は、以前にも増して見応えあるものとなった。

 “頭からバーンって柄じゃない。ゆるやかに、なごやかに、にこやかに楽しみましょう”と、ピアノを弾いたミッドテンポのポップナンバー「Sunny side up from your heaven’s kitchen」を演奏するとき、森良太(Vo&Gu)は言った。しかし、言葉とは裏腹にフィードバックノイズから小川真司(Gu)が激しくギターをかき鳴らして、演奏になだれ込んだ1曲目の「The World」から、この日、彼らはほぼ曲間を空けず、田中駿汰(Dr)がドラムで演奏をつなげながら、曲をたたみかけていった。1曲目から飛び跳ね、ガッツをアピールした白山治輝(Ba)をはじめメンバーたちのアクションもいつも以上にエネルギッシュだった。そして、いきなり怒涛の展開となった序盤から一転、中盤ではテンポを落として、美しさと儚さが入り混じるバラードの「カフネ」など、じっくり聴かせる曲を並べ、彼らの曲が持つノスタルジア、センチメントといった魅力に観客の耳を傾けさせた。

 そんな中盤と再びテンポアップしていった終盤をつなげたのがギターポップの「Winter Train」。観客の気持ちがメロウな歌と演奏に溶け込んでいった「ポラリス」ではバンドの新たな決意を歌い、4人で交互に歌いながらバンドとそれを支えるファンを称えた「the Sun」とともにこの日のハイライトを迎えた。しかし、一番の見どころは、彼らが改めて印象づけたロックバンド本来の姿だったと思う。電気で増幅したサウンドと剥き出しになった感情、そして観客に対する誠意があれば、他には何も要らないと言わんばかりに熱演を繰り広げた彼らは抜群にイカしていたのだった。

撮影:Mami Naito/取材:山口智男


セットリスト

  1. 1.The World
  2. 2.Suitability
  3. 3.Sister
  4. 4.Sunny side up from your heaven's kitchen
  5. 5.One
  6. 6.Sunny side up
  7. 7.boys
  8. 8.彼女はゼロフィリア
  9. 9.早鐘
  10. 10.She's lost a gun
  11. 11.カフネ
  12. 12.Maybe
  13. 13.Winter Train
  14. 14.隼
  15. 15.パトスとエートス
  16. 16.神曲
  17. 17.ポラリス
  18. 18.HEROES
  19. 19.ロックンロールポップギャング
  20. <ENCORE>
  21. 1.フォレルスケット
  22. 2.13月の夜明け
  23. 3.the Sun
  24. <ENCORE2>
Brian the Sun プロフィール

ブライアン・ザ・サン:2007年、大阪で結成。『閃光ライオット2008』で準グランプリを獲得。メンバーチェンジを経て11年4月より現在の編成となる。コンスタントな制作、ライヴ活動で全国に名を広め、16年6月にテレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』のエンディングテーマとなったシングル「HEROES」でメジャーデビュー、18年1月にはテレビアニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のオープニングテーマとなったシングル「Lonely Go!」をリリースした。Brian the Sun オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着