映画『ワンス・アポン・ア・タイム・
イン・ハリウッド』タランティーノ×
ディカプリオ×ブラピの強力タッグ

クエンティン・タランティーノ監督映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が、2019年秋に日本で公開される。
2015年の『ヘイトフル・エイト』から実に4年ぶりの新作で、『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)でタランティーノ監督作初出演を果たしたレオナルド・ディカプリオと、同じく『イングロリアス・バスターズ』(2009年)で同監督作初主演を果たしたブラッド・ピットの共演という豪華タッグが大きな話題を呼んでいる。
レオナルド・ディカプリオはハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしているちょっと落ち目のTV俳優のリック・ダルトンを演じ、ブラッド・ピットは長年リックのスタントマンを務めているクリフ・ブースを演じる。
物語は、1969年のハリウッドを舞台に、実際に起こったチャールズ・マンソンによる女優シャロン・テート殺害事件が題材。チャールズ・マンソンとは、1960年代末から1970年代のはじめにかけ、“マンソン・ファミリー”の名で知られる生活共同体を率いていたカルト指導者。当時、映画監督ロマン・ポランスキーの妻で妊娠中だった女優のシャロン・テートら5人の無差別殺害は、マンソンの狂気と残忍性を象徴する事件として知られている。タランティーノ自身が実際に育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドを、郷愁とリスペクトを込めて描いた本作。タランティーノは、5年の歳月を費やして脚本執筆したという。
主演の2人だけでなく、豪華共演陣にも要注目。『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』で2018年のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたマーゴット・ロビーが、1969年当時絶頂の人気を誇っていた女優シャロン・テート役として出演。また、50年以上のキャリアを誇るアカデミー賞俳優アル・パチーノ、ブルース・ダーンらハリウッドの重鎮、天才子役から実力派女優へと成長したダコタ・ファニングらに加え、ジェームズ・マースデン、ルーク・ペリー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセルといったタランティーノ作品ではおなじみの面々も顔を揃えている。
映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』日本公開:2019年秋製作・脚本・監督:クエンティン・タランティーノ出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、アル・パチーノ、マーゴット・ロビー、ブルース・ダーン、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、ルーク・ペリー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセル、エミール・ハーシュ、ティモシー・オリファント、ダミアン・ルイスほか原題:Once Upon a Time in Hollywood全米公開:2019年7月26日(金)

新着