リック・ウェイクマン、自らの軌跡を
ピアノで辿るニュー・アルバム

リック・ウェイクマンの最新アルバム『Piano Odyssey(ピアノ・オデッセイ)』が、世界に先駆けて9月12日(水)に日本先行発売されることが決定した。

ソニー・クラシカルからのデビュー盤となる同アルバムには、「Roundabout」を含むイエス楽曲をはじめ、ザ・ビートルズやクイーン、デヴィッド・ボウイのナンバーからクラシック作品、さらに自作の新曲まで12曲を収録。20世紀のロック史において多大な貢献を果たしてきた“キーボードの魔術師”リック・ウェイクマンが、これまでに歩んだ輝かしい軌跡を自ら奏でるピアノで振り返るという内容の作品だ。日本盤のみ、ボーナス・トラックとしてリンカン大聖堂でのライブ音源が1曲追加収録されることも決定している。

ロンドンの名門・王立音楽大学でピアノを学んだ経歴をもつウェイクマンだが、今作ではすべて自身の手によるオーケストレーションと編曲で、弦楽オーケストラをバックにスタインウェイ・ピアノを演奏。長年ピアノで演奏してみたいと考えていたというクイーンの「Bohemian Rhapsody」では、盟友ブライアン・メイの奏でるアコースティック・ギターが華を添えている。

なお、リック・ウェイクマンはこの秋から最新アルバムを引っさげての<Piano Odyssey>ワールド・ツアーに乗り出す予定となっている。

■ニュー・アルバム『ピアノ・オデッセイ』

2018年9月12日(水)発売(日本先行発売)
SICP31182 ¥2,500+税
※Blu-spec CD2
※リック・ウェイクマン書き下ろしライナーノーツ対訳付
1. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス (ザ・ビートルズ)
2. 愛の夢(リスト)/アフター・ザ・ボール*
3. アンド・ユー・アンド・アイ(イエス)
4. ロッキー(ザ・レガシー)*
5. ボクサー(サイモン&ガーファンクル)
6. ワイルド・アイド・ボーイ・フロム・フリー・クラウド (デヴィッド・ボウイ)
7. ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー(ザ・ビートルズ)
8. ラウンドアバウト(イエス)
9. シリル・ウルヴァリン*
10. ジェーン・シーモア*
11. ラルゴス(ヘンデル&ドヴォルザーク)
12. ボヘミアン・ラプソディ with ブライアン・メイ (クイーン)
- 日本盤ボーナス・トラック -
13. ジグ(2018年3月ライヴ)

*印:リック・ウェイクマン・オリジナル作品

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。