Hiroのもいもいフィンランドvol.58「
あのフィンバンドは今?」

そういえば昔好きだったあのバンド最近聞かないけど今どうしてるんだろう?っとふと思うことありませんか?フィンランドのバンドの情報日本までと届いてない場合も多いかと思うので、十数年前に人気あったフィンランドのバンドが今どうしているか?いくつかまとめてみたいと思います。

Hanoi Rocks
フィンランドから一番最初に世界に飛び出したロックバンドといえばHanoi Rocksではないかと思います。1984年にドラマーのラズルがMotley Crueのヴィンス・ニール運転の車に乗車中事故に遭い死亡。翌年バンドは解散。その後ソロ活動や他のバンドを組んだりしたメンバーもいましたが、2001年に再結成されたのは知っている方も多いかと思います。その後2009年にフェアウェルツアーを行い解散。マイケル・モンローは自分の名前のバンド「Michael Monroe」を結成。シンガーのオーディション番組「The Voice Of Finland」でシーズン1から6まで長くメンターを務めたこともありお茶の間でより知られるようになり、知名度もぐんと上がりHanoi Rocksの頃より幅広い年齢層でフィンランド国民に愛されるシンガーにのし上がったように思います。今はMichael Monroeバンドで元気に活動をしています。2004年からNew York Dollsのメンバーでもあったサミ・ヤッファは現在ベースでマイケルのバンドで活動中。彼はいろんな国を旅してその国の音楽に触れる音楽番組「Sound Tracker」を担当し、フィンランドのTV番組に与えるKultainen Venla(クルタイネン・ベンラ)で2015年ベスト音楽番組賞を受賞しています。

こちらはMichael Monroeバンドのミュージックビデオ!
2010年に発売になった5枚目のスタジオアルバム『Neon』の後ただいま活動休止状態。ヴォーカルのヨンネ・アーロンは2012年秋にTV放映された人気シンガー達が1週間共同生活をし、お互いの曲を歌いあい、苦労話を語りお茶の間をほろりと泣かせる「Vain elamaa」(ヴァイン・エラマー)シーズン1に出演。この番組が大ヒットとなりその後ソロシンガーに転向。現在は歌詞がフィンランド語のフィンロック/イスケルマ系でソロアルバムをすでに2枚だし活動中。最初はソロアルバム1枚出した後Negativeの活動再開予定だといってたものの、ソロがあたりそのままソロ活動中です。Negativeでキーボードだったスナックはヨンネのソロでもキーボード担当しています。Negativeでベースだったアンッティ・アナトミーはUniklubiを脱退したテェーム・ラヤマキとバンドJupiterを結成するものの成功するとこまで及ばず、テェームはソロに転向。アンッティは地元タンペレのバーで時々音楽クイズの司会をやっているようです。そして悲しいことに、2008年にNegativeを脱退したギタリストのクリストゥスは昨年12月に39歳の若さで亡くなりました。死因は発表になっていません。

こちらはソロ活動中のヨンネ・アーロンのミュージックビデオです。現在のヨンネを知らない方は変化大なので心構えしてみてください。
デビュー当時高校生メタルバンドと話題にあがりましたが、2012年3枚目となるアルバム『Graduation Day』発売後、2014年に解散。しばらく何も情報が入ってきませんでしたが、ヴォーカルのアンドレ・リンマンはメロディックなハードロックバンドOne Desireに加入。2017年シンガーたちがいろんなジャンルの歌に挑戦し、視聴者投票で勝ち進んでいくTV番組「Tahdet,Tahdet」シーズン4に出演。One Desireはこの11-12月にかけてスウェーデンのバンドH.E.A.Tのサポートアクトで、フィンランドの若手バンドShiraz Laneと一緒にヨーロッパツアーが予定されています。

アンドレが加入したOne Desireのミュージックビデオはこちら。
Naked
2010年に4作目のアルバム『Double Down』発売後のニューヨークライブのあと情報がなく、ほぼバンドの存在を忘れてましたが、先日2度目の一夜だけの再結成ライブがあるというので懐かしいじゃないかと観に行ってきました。そしたらびっくり。昔よりだんぜんかっこよくなってるではありませんか。どうやらバンド名をヴォーカルの本名CAMUに変更し活動再開とのことで、まずトリロジー(3部作)の第一弾MVとして「Empire State Of Sound」が公開になりました。この8年の間カムはニューヨークに残り、最初はストリートでギターを弾き、次にバーを経営、なんとアイスクリームの商品開発にまで手を出したそうですが、今はハワイに引っ越し家族もでき在住しているそうです。トリロジーのMVで彼の8年間の経験を表現するとのこと。うまくいけば来年夏ツアーの予定もあるとか。

バンド名がCAMUになり発表になった最初のミュージックビデオがこちら。
ベースのイラリ・ハマライネンは以前から子供向けバンドKengurumeininki(ドラムにApocalypticaのミッコ・シレン)の活動もしていましたが、他にヴォーカルを務めたSiberian Jay、80年代カバーバンドRock & Roll Sensationなどでも活動をしていました。2016年にはシンガーのオーディション番組The Voice Of Finlandに挑戦。優勝は逃しましたがメンター、タルヤ・トゥルネンチームでは2位でした。その後ソロ活動をしていて、昨年『Valo』(光) と『Varjo』(影)という2枚のソロアルバムを同時発売したほか、ミュージカルなどにも出演中。

こちらは今は亡きフィンランドの人気シンガーKirka(キルカ)のカヴァー曲。この秋はKirkaのミュージカルに出演しています。
10数年前は歌詞が英語の国内ロックバンドも結構人気あったのですが、最近、国内バンドについては歌詞がフィンランド語のほうが国内では一般的に人気で、もうすでに根強い人気を持っていたバンドはもちろん今でも強いですが、きっとそういう背景もあり歌詞をフィンランド語にかえてソロ活動するアーティストもいたり、別のバンドを結成するミュージッシャンも多いように思えます。人気あるバンドにいても他にサイドプロジェクトのバンドを持ってるミュージッシャンも多く、簡単にバンドって作れるんだなぁと思います。秋から春先までの暗くて寒い期間がとにかく長いフィンランドではあまりすることがないというのもバンドが多い一つの理由かもしれません。

今回あげたバンドが好きだった皆さん、メンバーの現在の活動もぜひチェックしてみてくださいね。

文:Hiromi Usenius

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着