【プレイリスト連載】山﨑彩音セレク
ト『秋を感じるプレイリスト』松田聖
子、Flipper’s Guitar、Pizzicato
Fiveなど

山﨑彩音セレクトの秋を感じる曲

レモネードの夏 / 松田聖子

山崎彩音のセレクトポイント:
テーマが秋なのに!と突っ込まれそうだが、関係ない!わたしはこの曲を聴いて365日きゅんっとしたいのである。再生した瞬間引き込まれていき、どんどん描写が変わっていくような音楽。間奏も素晴らしすぎて「フルート、どんどん吹いてください!」という気持ちが爆発しそうになる。松田聖子様の歌声に何度ハッとさせられるのだろう。素晴らしさにため息が出てくる。自分とは決して重ならない、20歳になる女の子の夏の恋模様というのがまたいい。

バスルームで髪を切る100の方法-Hairc
ut 100- / フリッパーズギター

山崎彩音のセレクトポイント:
午前中、出かける支度を慌ててバスルームでてしているような、一見ごちゃっとしているけど実はすごくシンプルでキャッチーなサウンドが好きだ。「ピストルならいつでも ポケットの中にあるのさ」の歌詞通り、フリッパーズギターにはどこかパンクが眠っていて、二人のバックボーンなどを精神的に感じれるところが好きだ。毎回進化をし続けたユニットに思えるも、絶対的な芯は揺るがない。とても自由で革命的な表現はずっとわたしの憧れ。

La R`egle Du Jeu / Pizzicato Five

山崎彩音のセレクトポイント:
ピチカート・ファイブ「Playboy & Playgirl」が大好きである。夢中になって聴いていると、気づけばもう最後の曲。そういうアルバムが、わたしにとっての名盤!アップテンポよりミディアムスローが好きな傾向にある私だが、ピチカート・ファイヴみたいな都会的で洗礼されたアップテンポの音楽は大好き。「ベイビー、特に恋の弱みは ほらね、すぐに見せちゃダメなの」という歌詞に学んだり、野宮真貴さんのボーカルに自分の中の新しい価値観を生み出したり、おしゃれなものは非常に粋であると気づかせてくれる。

素直になりたい / 大貫妙子

山崎彩音のセレクトポイント:
クリアで軽快なサウンドとは裏腹に、失恋気味な女の子の決意を唄っているこの曲。それなのに、大貫妙子さんの唯一無二なボーカルでとってもポップに感じれて、そのすごさに思わず関心してしまう。彼女の声の響きが前向きな気持ちにさせてくれて、歩き出したくなる曲。

毎週火曜更新!山﨑彩音の秋を感じるプ
レイリスト

INFORMATION アルバム「METROPOLIS」リリースパーティー Salon de by Yayavsky 10月27日(土)新宿レッドクロス 開場 17:30/開演 18:00 出演:山﨑彩音/betcover!! 前売り 2,000円(ドリンク代別)

山﨑彩音 Profile 15才から東京、神奈川の有名ライブハウスで活動。16才の時にファーストEP『Yer』をライブ会場と通信販売のみで発表。声と言葉。全曲詩先による作風。 2016年、FUJI ROCK FESTIVAL 2016 にシンガーソングライター史上最年少で出演を果たし、2017年にはファーストミニアルバム 『キキ』 を発売。 FM横浜『KANAGAWA MUSIC LAND』 レギュラー・パーソナリティーを担当するなど多方面での活躍をみせる。2018年7月、フォーライフミュージックエンタテイメントよりファーストアルバム『METROPOLIS』でメジャー・デビュー。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」