BENI、2年ぶりのニュー・アルバム『
CINEMATIC』11月リリース IOやMich
ael Kaneko参加曲も収録

BENIがおよそ2年ぶりとなるニュー・アルバム『CINEMATIC』を11月28日(水)にリリースすることが発表された。

7月からKANDYTOWNのIOをフィーチャーした「Chasin’ feat. IO」を皮切りに、連続配信リリースを行っているBENI。

第2弾となる横浜DeNAベイスターズ・筒香嘉智選手のために書き下した彼の登場曲「READY25」(レディーツーゴー)、第3弾はBENIと盟友SUNNY BOYが書き下ろした前衛的なR&Bナンバー「PULLBACK」がすでにリリースされており、来週10月17日(水)には第4弾として南カリフォルニア育ちの日本人SSW・Michael Kanekoをフィーチャーしたデュエット曲「No one else like you feat. Michael Kaneko」が配信リリースされる。
そんな怒涛のリリースが続く中、オリジナル・アルバムとしては2016年の『四季うた summer』以来となるニュー・アルバムのリリースが決定。『CINEMATIC』と題された本作は、自らの人生を映画に喩え、その主役・監督としてのBENIが息づく日々の物語を音楽で表現した作品となる。

すでに公開されている「Chasin’ feat. IO」のMVは『CHASIN’ the film』と題されたショート・ムービー的なMVの第一弾であったり、後日公開予定のカバー・アートワークやアーティスト写真も、アルバムの冒頭を飾るタイトル・トラック「Cinematic」の歌詞からインスパイアされており、全て作品がアルバム『CINEMATIC』に通ずるコンセプトで制作されている。収録曲の中には上記先行配信曲以外では、ライブではすでに人気を博する「Got A Feeling」「CANDY」が収録されるほか、全国のファミリーマートでしか聴けなかった「Arigato」が遂に収録されることに。

【BENI コメント】

『CINEMATIC』 について

“Life is a movie”

私の人生が映画だとしたら、私は主役でもあって、監督でもある。そして日々の物語を彩る音があったとしたら、どんな音色やメロディーに支えられたいのだろう? 現時代の私たちにとって、日々の生活や心の奥底を「映える」ように「魅せる」というのが当たり前。リアルとかフェイクとか、そんなことより、想像を超えるような美しい光景やドラマのようなシチュエーションを独自で造り上げられる「今」に私は夢を感じます。


【リリース情報】

BENI 『CINEMATIC』

Release Date:2018.11.28 (Wed.)
[初回限定盤] UMCK- 9976 ¥4,200 + Tax
[通常盤] UMCK-1611 ¥3,000 + Tax
Tracklist:
01. Intro
02. Cinematic feat. SARA-J
03. MONEY
04. Chasin’ feat. IO
05. S.U.K.I.
06. Got A Feeling
07. CRY
08. Arigato
09. PULLBACK
10. CANDY
11. No one else like you feat. Michael Kaneko
12. Last Love Letter
13. READY25

※通常盤:CDのみ
※初回盤:CD+DVD+フォトブック

DVD収録予定内容」:
・CHASIN’ the film
・”CINEMATIC” -Behind the scenes-

*収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。

■ BENI オフィシャル・サイト(http://www.benibenibeni.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着