中川大志

中川大志

【インタビュー】『覚悟はいいかそこ
の女子。』中川大志、“反動”が演じ
る原動力 王子様役から一転、ヘタレ
男子役でキャラ崩壊に挑む!

 超絶イケメンの“愛され男子”だけど、実は恋愛経験ゼロの“ヘタレ男子”が、学園一の美少女を彼女にしようと奮闘するさまを描いた青春恋愛コメディー映画『覚悟はいいかそこの女子。』。本作で、主人公の古谷斗和を演じる中川大志が、“王子様イメージ”を覆す役に臨んだ理由をはじめ、自身のヘタレぶりや、男気ある恋愛観、今後の役者としての展望などについて語ってくれた。
-以前から“ヘタレ男子”を演じたかったと聞きましたが。
 少女漫画の中でならヘタレ男子をやりたいという意味ですけど、過去に、女の子が憧れる完璧な王子様みたいな男の子を何度か演じたので、その反動で、ファンタジーの世界でどこまでキャラクターを壊せるか挑戦したいと思いました。王子様役も楽しいし、難しくてやりがいもあるけど、完璧を求められて息苦しかったところもあったのかもしれません。
-実際に演じてみた感想は?
 顔をグチャグチャにしたり、一生懸命になったり、はたから見たらダサいけど、それが格好良く見えるキャラを作ることを課題にしていましたが、考えた通りに思い切りできたので楽しかったです。
-原作とは異なるけれども、作品のために取り入れたオリジナルの要素はあるのでしょうか。
 今の高校生は昔よりクールで大人なので、こんなことしないし、言わないよねというところをどう成立させるか考えたときに、精神年齢を下げることになりました。だから中2です(笑)。でもそれによって、ピュアで、おばかで、こいつらだったらこういうこともやっちゃうよね…と思ってもらえる役が作れました。
-斗和にはヘタレとイケメンの両面がありますが、ご自身の性に合っているのはどちらですか。
 ヘタレですね。学生時代は斗和みたいで、いつも同じ男子メンバーとワチャワチャしていました。だから、お芝居をするときも、抑えるよりも出したくなるんですかね…。今回は、なりふり構わずにバーッとやれたのですごく楽しかったです。
-ヘタレエピソードがあれば教えてください。
 苦手なものが多くて、虫とか高い所、ホラー映画は嫌いです。お化け屋敷は、友だちと遊園地に行って、その場の空気がどれだけ悪くなっても「マジで無理」って拒否します。どうしてもの場合は、両耳をふさいで、友達に両脇を固めてもらって連れて行ってもらいます(笑)
-劇中、“壁ドン告白”を披露していますが、ご自身の理想の告白シチュエーションは?
 今は電話やLINEで告白できちゃうけど、“直接”が大前提で、自分から言いたいです。壁ドンもやってみたいです!
-本作が10代最後の作品となりましたが、特別な気持ちになりましたか。
 正直なところ、今は特別な感情はないです。でも、これからは社会人としての時間が長くなって、学生時代の感覚が薄れていくので、今しか覚えていない感覚やエネルギーを出せたこの作品は、振り返ったときに、とても大きな経験をしたと感じると思います。
-年齢やイメージ的にも、学生役や胸キュン系作品のオファーは続くでしょうが、まだ演じられそうですか。
 これまで演じたキャラクターに似たようなものなら、もういいかな。まったく違う、チャレンジできるような役であればやってみたいです。
-ちなみに、少女漫画の実写化で、特に気を付けていることはありますか。
 少女漫画はある意味ファンタジーで、そのままファンタジックに演じてもしょうがないですよね。どこまでリアルにできるかが大切なので、常に「現実にもこういうことがどこかで起こっているかもしれない」と少しでも思ってもらえることを目標にしています。
-すでに数多くの作品に主演し、同世代の役者間では“追われる立場”にいますが、今後の役者としての展望は?
 同世代の役者には負けたくないという思いもあるし、何よりもみんなとは違う、僕にしかできない役をやりたいです。
-今、具体的に挑戦したいものとは?
 どこにでもいる普通の人の役です。漫画原作の役は誇張されていて、演じる上では楽だったりもしますが、そうではない、人間くさいものをやりたいです。これも反動ですね(笑)。自分も、見ている人も、飽きないキャラクターを演じていきたいです。
(取材・文・写真/錦怜那)

エンタメOVO

新着