L→R リョウガ、タクヤ、タカシ、カイ、ユーキ、ユースケ

L→R リョウガ、タクヤ、タカシ、カイ、ユーキ、ユースケ

【超特急 インタビュー】
ここから始まる
クールを極めた超特急の“黄金時代”

“ダサカッコ良い”をコンセプトに、結成から7年をひた走ってきた超特急の3rdアルバム『GOLDEN EPOCH』は、なんとクール&アダルトに振り切った衝撃の一作。ファッション誌『NYLON JAPAN』とのコラボによるアートワークも含め、超特急の新たな顔が貴方を魅了する。

“黄金時代”を意味する今作の『GOLDEN EPOCH』には心底驚かされました。再生ボタンを押した瞬間にお洒落なピアノ音が流れて、“これは本当に超特急なのか!?”と。

タカシ
確かに。“中身間違えたんかな?”ってなる(笑)。
ユーキ
“路線変更か!?”と思う人もいるだろうけど、経験と年齢を重ねて、背伸びしなくてもこういう曲ができるようになったってことなんです。この夏、全国のフェスに参加してみて、やっぱりいろんな楽曲を持っていたほうが強いと感じたし、8号車(ファンの呼称)以外の人たちにも、“超特急ってこういう曲もやってるんだ”って興味を持つきっかけになるような作品になったんじゃないかと思います。

なるほど。今までにない大人っぽさも振り幅を広げるための一環だということですね。

タカシ
カッコ良い曲が満載でもそれぞれジャンルは違いますからね。例えば「ขอเสียงหน่อย」(読み:コーシエンノイ)はタイ語で“声をあげろ”っていう意味の曲名通り、ライヴに特化したダンスチューンで、逆に「Full moon」はストーリー仕立てのきれいなR&B。バラードの「霖雨」もあるので、ヴォーカリストとしては同じ“カッコ良い”でもイメージがひとつにならないように、いろんな歌い方や聴かせ方を意識しました。
カイ
「Full moon」は夜を男性、月を愛に例えて歌っている曲なんですけど、僕、女性目線の曲を男性が歌うのがすごく好きなんですよね。
タクヤ
もうね、本当に良い曲がたくさん入ってるんですよ。「Time of GOLD」もs**t kingzのkazukiさんとユーキが一緒に作ってくれた振り付けがとにかくカッコ良い!
タカシ
ド派手なEDM曲だからね。超特急の新たな進化だったり、黄金時代の幕開けとなる年末アリーナツアーのテーマ曲なんで、歌の面でも力強い決意を込めました。

タカシさん十八番のファルセットも満載だし、8号車の評判も上々ですよね。また、ユースケさんが作詞作曲した「8号車との歌」ではダンサーの5人が歌っているのも大きな挑戦で。

リョウガ
「Booster」ではダンサー全員でラップもやってますけど、やっぱり歌うって緊張するんですよね。ちゃんと世に出せるものになるのかっていう不安もありつつ(笑)、結果的には自然と気持ちも入って、気持ち良く歌うことができました。
ユースケ
8号車と一緒に夢を叶えるための決意の曲があれば、もっと僕たちは前に進めるんじゃないかと思ったんですよ。なので、新体制になったこの機会にやらせてもらったんですけど、歌い分けも僕が決めました。自分の想いを詰め込んだんで、早く8号車に聴いてもらいたいです。
ユーキ
リード曲の「need you」ではTAKAHIROさんと僕で振りを共作してるんですけど、歌詞よりも音やダンスで訴え掛ける曲だと思ったので、超特急に対する想いや大事なものを全部詰め込みました。なので、普通にカッコ良い、でも8号車が観たら考えさせられるものになってます。
ユースケ
MVでは“you”を探し求めるというテーマがあって。でも、僕はまだ“you”が何かを探してる状態で踊ってた。誰かに対して踊るというよりも、僕にとっては“自分は超特急だ!”って示すための曲だったから。
ユーキ
その意見、面白い! 振りを付けた僕にとっては逆に想いが伝わってる気がする。

楽曲は変われど、やはりベースにあるのは常に8号車なんですね。メンバーが2組に分かれてのユニット曲を収めたFC盤がダサさの極致というか。アルバム本編とのギャップが半端ない!

リョウガ
それが逆に安心感を与えるんですよ。“良かった、いつもの超特急だ”と。まぁ、僕ら“シーサー☆ボーイズ”(カイ、リョウガ、ユーキ)の「インオキナワ」はアルバムのどの曲よりもカッコ良いですけどね。
カイ
2ユニットで勝負して負けたほうは曲を封印するって聞いても、最初は“へぇ、そうなんだ”っていう程度だったんですよ。でも、自分たちで歌詞から衣装、振り付け、MVと考えていくうちに“負けたくねぇ”ってなってきて。
タクヤ
設定が細かくて、MVもすごくポップで。ほんとに沖縄LOVEな感じが出てるし、素晴らしい曲だと思いますね。でも、勝つのは僕たち“座・武士道”(タクヤ、ユースケ、タカシ)ですから。
リョウガ
いや、そっちこそ歌謡曲なのにまげって意味分からない!
タカシ
タクヤが坊主をやってみたいって言い出したんですよ。
リョウガ
そもそも歌詞がおかしいでしょ。《ツンデレ チビ 王子大集合》って…3人しかいないのに“大集合”って!
ユースケ
僕ら以外にもツンデレとチビと王子はいっぱいいるから。この世の全てのツンデレチビ王子に届ける“大集合”なんで!
ユーキ
そういうことだったの!?
タクヤ
そう。ちゃんとライヴ用のパフォーマンスも用意してるから、みんなファンクラブに入ってほしいですね。

そして、年末のツアー『BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH』に足を運んでほしいと。

ユーキ
そうです。12月は僕らの結成記念日もあるので、アルバムを経た上での集大成にしたいですね。超特急の“時代”を振り返られるようなライヴで、より深い超特急の一面を8号車のみんなに感じさせられたらいいなぁと。
カイ
2019年には新しい年号も始まりますし、“超特急が生きてた時代はすごかったな”と後世の人たちに思われるようなグループにここからなっていきますよ。まずは来年こそ47都道府県を開通して、最後に沖縄でパーティーしたいです!

取材:清水素子

アルバム『GOLDEN EPOCH』2018年11月14日発売 SDR
    • 【初回限定盤】
    • ZXRC-2035 ¥4,104(税込)
    • ※スペシャルフォトブック付、三方背ケース
    •  
    • 【通常盤】
    • ZXRC-2036 ¥3,024(税込)
    • 【FC-A シーサー☆ボーイズ盤】
    • ZXRC-2037 ¥5,184(税込)
    • ※FC会員限定販売
    • 【FC-B 座・武士道盤】
    • ZXRC-2038 ¥5,184(税込)
    • ※FC会員限定販売
    • 【WIZY限定盤】
    • ZXRC-2039 ¥5,184(税込)

『BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH』

12/07(金) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
12/26(水) 大阪・大阪城ホール
12/27(木) 大阪・大阪城ホール

超特急 プロフィール

チョウトッキュウ:今話題のメインダンサー&バックヴォーカルグループ。2011年12月25日結成。12年6月にシングル「TRAIN」でインディーズデビュー。17年4月26日にリリースしたCDデビュー5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」は初のオリコンウィークリーチャート1位、ビルボードチャートHOT100総合1位を獲得! 18年12月には念願のさいたまスーパーアリーナでのワンマンライヴを成功させ、19年4月より史上最大規模の全33公演、10万人動員のホールツアーを開催中。超特急 オフィシャルHP

L→R リョウガ、タクヤ、タカシ、カイ、ユーキ、ユースケ
カイ
リョウガ
タクヤ
ユーキ
ユースケ
タカシ
アルバム『GOLDEN EPOCH』【初回限定盤】
アルバム『GOLDEN EPOCH』【通常盤】
アルバム『GOLDEN EPOCH』【FC-A シーサー☆ボーイズ盤】
アルバム『GOLDEN EPOCH』【FC-B 座・武士道盤】
アルバム『GOLDEN EPOCH』【WIZY限定盤】

「need you」MV

アルバム『GOLDEN EPOCH』
【FC-A シーサー☆ボーイズ盤】収録
「インオキナワ」MV

アルバム『GOLDEN EPOCH』
【FC-B 座・武士道盤】収録
「ツンデレチビ王子」MV

「Jesus」MV

「a kind of love」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」