11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人

11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人

斉藤和義、主催チャリティライヴに
奥田民生・Chara・YO-KINGらが集結

11月8日(木)に東京・Zepp DiverCity Tokyoにて、斉藤和義を発起人とした西日本豪雨被災地復興のためのチャリティライブが開催された。斉藤の呼びかけで、岡村靖幸奥田民生Chara寺岡呼人浜崎貴司藤原さくらYO-KINGが集結し、シークレットゲストとして荻野目洋子も出演。会場にかけつけた満員のオーディエンスとともに熱いパフォーマンスが繰り広げられた。

これまでもチャリティイベントへの参加や主催をしてきた斉藤和義。今年デビュー25周年を記念して9月6日に行った日本武道館公演のMCにて、今年6月下旬から7月上旬にかけて台風7号及び梅雨前線等の影響で、西日本を中心に全国的に記録的な集中豪雨で被災した地域・人々の復興に向け、『西日本豪雨復興支援チャリティコンサート〜空に星が綺麗プロジェクト〜 斉藤和義 with Friends』を立ち上げることをファンの前で発表した。

超満員となった東京・Zepp DiverCity(Tokyo)、オープニングで斉藤が登場し「支援金の寄付の仕方はいろいろ検討中です。主旨に賛同してくれた素晴らしいミュージシャンたちが集まってくれました」と、まずはイベント開催について感謝の意を表明し、「月光」と2011年にリリースしたアルバム『45 STONES』に収録の「ウサギとカメ」をアコースティックギターとハーモニカで熱く弾き語った。「歌の不安もあるが、本日のイベントの進行役もあるので妙な緊張感があります(笑)」と照れくさそうに語り会場を和ませた。

今回のイベントは、それぞれのゲスト・アーティストを呼び込みながら、トーク+斉藤とのセッションというスタイルで構成されており、一人目のゲストYO-KINGを呼び込みいったんステージを去ると、YO-KINGは「Hey!みんな元気かい?」を弾き語った。斉藤が再び登場し、1993年発表の真心ブラザーズ「素晴らしきこの世界」をYO-KINGと協演。次に登場した寺岡呼人が自身の「大人」を歌い、「紳士協定」をセッション初披露したかと思えば、浜崎貴司が自身のバンドFLYING KIDSの「幸せであるように」を力強くのびやかに歌い上げ、“斉藤和義&浜崎貴司”名義で2004年に発表した「オリオン通り」を二人で熱演。その後、奥田民生が呼び込まれながらもいまだ何を歌うか決めてないと語り、「マシマロ」を歌った後に「イージュー★ライダー」で斉藤とともに会場を盛り上げた。ここで、先日デビューしたばかりの全員50代のフロントマンで結成されたスーパーバンド・カーリングシトーンズの曲「スベり知らずシラズ」「何シトン」を、寺岡シトーン(寺岡呼人)、奥田シトーン(奥田民生)、斉藤シトーン(斉藤和義)、浜崎シトーン(浜崎貴司)、キングシトーン(YO-KING)によるバンドセットでパフォーマンス。9月23日に行われたデビューライブでのみ披露されていた曲だけに、プレミアムなセットとなった。その後、藤原さくらが「500マイル」を弾き語りでじっくり聞かせたところで、キャロル・キングが1971年に発表した「You've got a friend」をデュエット。この曲の歌詞が本イベントの主旨とも通づるような気がするとともに、藤原のヴォーカルも合うのではと選曲を提案したという。続いて、「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」をCharaがキーボード、斉藤がドラムというレアな編成でパフォーマンスしたのち、Charaが作詞、岡村靖幸が作曲した2001年リリースのポップチューン「レモンキャンディ」を岡村も迎え入れ3人でプレイ。しかも、岡村とCharaはこの日がライブ初共演という貴重な組み合わせでもあった。そのまま岡村がステージに残りファンキーなギターカッティングでスペシャルメドレーを弾き語った後、斉藤を交えブルージーなギターセッションを繰り広げたかと思えば、そこに岡村が即興で歌詞をのせ、会場は更に盛り上がったところで本編を終えた。

アンコールでは、荻野目洋子がシークレットゲストとして登場。奥田民生、寺岡呼人、浜崎貴司、YO-KING、斉藤和義をバックダンサーに「ダンシング・ヒーロー」を披露し、予想外の展開に会場は大いに盛り上がった。実は、今年の3月から9月まで行った全国ワンマンライブツアー内で、斉藤が「ダンシング・ヒーロー」をパフォーマンスしていたことを荻野目がSNSで知り、このイベントへ出演をオファーして実現したのだという。オーディエンスからも大ウケで、ともに踊り、一体化したところで斉藤の「歩いて帰ろう」を奥田民生、荻野目洋子、Chara、寺岡呼人、浜崎貴司、藤原さくら、YO-KINGとバンドスタイルでセッションし、最後はこのイベントのタイトルの一部にもなっている「空に星が綺麗」を斉藤がひとり弾き語り、全21曲・約3時間にわたったチャリティイライヴを締めくくった。なお、収益金の一部は被災地復興のための支援金として寄付され、収支内容と支援金の用途については、追って斉藤和義オフィシャルサイトにて発表される。

photo by 後藤倫人

【セットリスト】
01.月光(斉藤和義)
02.ウサギとカメ(斉藤和義)
03.Hey!みんな元気かい?(YO-KING)
04.素晴らしきこの世界(YO-KING/斉藤和義)
05.大人(寺岡呼人)
06.紳士協定(寺岡呼人/斉藤和義)
07.幸せであるように(浜崎貴司)
08.オリオン通り(浜崎貴司/斉藤和義)
09.マシマロ(奥田民生)
10.イージュー★ライダー(奥田民生/斉藤和義)
11.スベり知らずシラズ(奥田民生/寺岡呼人/浜崎貴司/YO-KING/斉藤和義)
12.何シトン(奥田民生/寺岡呼人/浜崎貴司/YO-KING/斉藤和義)
13.500マイル(藤原さくら)
14.You've got a friend(藤原さくら/斉藤和義)
15.Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜(Chara/斉藤和義)
16.レモンキャンディ(Chara/岡村靖幸/斉藤和義)
17.スペシャルメドレー(岡村靖幸)
18.ブルースセッション(岡村靖幸/斉藤和義)
EN01.ダンシング・ヒーロー(荻野目洋子/奥田民生/寺岡呼人/浜崎貴司/YO-KING/斉藤和義)
EN02.歩いて帰ろう(荻野目洋子/奥田民生/Chara/寺岡呼人/浜崎貴司/藤原さくら/YO-KING/斉藤和義)
EN03.空に星が綺麗(斉藤和義)

■斉藤和義 25周年スペシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/ks/
11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人
11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人
11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人
11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人
11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人
11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人
11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人
11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人
11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人
11月8日(木)@東京・Zepp DiverCity Tokyo photo by 後藤倫人

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着