11月22日@東京・NHKホール

11月22日@東京・NHKホール

BRADIO、
大歓声のNHKホールでファイナル完遂
&47都道府県ツアー開催を発表

7月4日にリリースしたメジャー1stアルバム『YES』をひっさげたBRADIOの全国ツアー『YES Release tour 2018~ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM~』が11月22日に東京・NHKホールでファイナルをむかえた。

会場のSEが鳴り止むと大歓声があがり、コーラス・ホーン隊が奏でる「Funky Kitchen」で幕を開ける。メンバーが登場すると満員のNHKホールから歓声と拍手が巻き起こった。

ステージ背後には煌びやかな電飾が施されたBRADIOロゴのオブジェが登場。ボーカル・真行寺が、“会いたかったぜー!”と叫び、ライブがスタート。「Funky Kitchen」はアルバム『YES』の1曲目を飾るナンバーで、まずは会場の温度を確かめるように歌う。続いて、真行寺のアカペラからスタートした「スキャット・ビート」。刻むビートに観客もクラップでノリノリになり、会場の温度はすでに沸点を超えているような盛り上がりだ。

もっと、もっとと会場の熱気を欲するかのようにライブ定番曲「スパイシーマドンナ」へとノンストップでつなげて行く。「Feel All Right」が終わると、赤と青の対照的な照明の中ベース酒井、ギター大山の二人だけのセッションが始まった。息のぴったりあったサウンドバトルに会場中が拳を突き上げ応える。セッションから流れるように「ハートビートを打ち鳴らせ」が披露され、「きっと遠く キミともっと遠く」はコーラス隊のアカペラと真行寺の掛け合いからスタート。会場全体のクラップに包まれながら伸びやかに真行寺が歌う。曲の多幸感、コラース隊の雰囲気、会場のきらびやかな装飾も相まって、ブロードウェイのミュージカルショーを見ているような気持ちにさせてくれる。

「Step In Time」からは、会場の雰囲気がガラリと変わり妖艶な空気に包まれた。背後には照明によって怪しい雰囲気を醸し出す植物の蔦を模した幕が登場し、ステージを彩っている。さらに、今年初めて行ったアメリカライブで初披露されて話題となった「Sexy Lover」、親への感謝の気持ちを込めて制作された楽曲「ギフト」、アコースティックギターの音色をバックに、真行寺の歌いあげる声が胸に響く「Sparkling Night」と続けて披露する。激しく切ない、だけでなく深みのあるアダルトでスイートなパフォーマンスが出来ることもBRADIO の魅力だと改めて感じることができるステージだ。

その後も、BRADIOとして初めて全国流通となったアルバム『DIAMOND POPS』からの久しぶりのセレクトとして「Playback」をアレンジを変えて披露したり、“毎会場披露する度に俺の感情おかしくなる!(笑)”と大山がMCで叫んだ「感情リテラシー」など、新旧幅広くセレクトされた楽曲が演奏されていった。2ndシングル「きらめき Dancin'」では、ステージセンターに巨大なミラーボールが登場。様々な方向に輝く光の筋に、会場全体がダンスフロアと化した。観客も座席なんて関係ないように様々に曲に合わせて体を動かしている。

激しいラテンのリズムのイントロから入ったのは、ツアータイトルにもなった「Boom!Boom!ヘブン」。メンバーの後方では、6本の火柱が曲に合わせ吹き上がる。このNHKホールの会場でしか見ることができない炎の演出に、会場全体がタオルをブンブン振り回し、この日一番の盛り上がりをみせた。

終盤のMCでは、今回のアルバムを制作して、“いいね”“よっしゃ!”と思える瞬間がたくさんあった、と語った真行寺。“みんなのYESの声をもらってもいいですか?”と観客全員を巻き込んだYESのコールアンドレスポンスが起る。“ポジティブなことばかりじゃなくて、ネガティブなこともあるけど。そんなことを全肯定するYESを!いつかの涙も、いつかの後悔も、誰になんと言われようと俺たちの人生はSHOWTIMEだぜ!!”という言葉とともに、本編最後の曲は「人生はSHOWTIME」。観客一人一人に“キミの「人生のSHOWTIME」の途中で、BRADIOに出会ってくれてありがとう!”と投げかけながらライブを閉めた。

本編が終わると観客から「LA PA PARADISE」の大合唱がおこる。突然のサプライズにメンバーも驚きながらアンコールに登場。“俺より上手く歌うんじゃねぇよ!”と恥ずかしそうに真行寺。「All I Need You」「Back To The Funk」と続き、これまでのツアーの色々な会場で得てきたファンクネスを全部ぶつけたようなパフォーマンスに、観客も悔いが残らないよう全力で踊り楽しんでいた。

最後にステージに3人だけ残り、“今回のツアーでライブの大切さを改めて実感しました!俺たち47都道府県まわります!!”と2019年春からの47都道府県ツアーを宣言。突然のサプライズに会場からは歓声が溢れる。そして、真行寺が地声で“音楽って素晴らしい!”と叫びライブは幕を閉じた。

音楽としてファンク、ソウル、ロック様々なジャンルを表現しながらも、“みんなを楽しませたい”という想いのもと、エンターテインメントとしてよりBRADIOらしさを濃く表現することができたツアーとなった。47都道府県ツアーではどのようなパフォーマンスで楽しませてくれるのか期待したい。

Photo by ヤマダマサヒロ

【セットリスト】
1-Funky Kitchen
2-スキャット・ビート
3-スパイシーマドンナ
4-Feel All Right
5-ハートビートを打ち鳴らせ
6-きっと遠く キミともっと遠く
7-Step In Time
8-Sexy Lover
9-ギフト
10-Sparkling Night
11-Playback
12-Shout To The Top
13-INAZUMAジャケット
14-感情リテラシー
15-きらめきDancin'
16-Flyers
17-Boom!Boom!ヘブン
18-人生はSHOWTIME
EN1-All Need Is You
EN2-Back To The Funk

47都道府県ツアー
『IVVII Funky Tour』

<2019年>
5月01日(水) 千葉・千葉LOOK
5月09日(木) 滋賀・U-STONE
5月10日(金) 兵庫・太陽と虎
5月12日(日) 広島・SECOND CRUTCH
5月14日(火) 愛媛・WstudioRED
5月15日(水) 高知・X-pt.
5月17日(金) 徳島・GRIND HOUSE
5月18日(土) 香川・MONSTER
5月24日(金) 茨城・LIGHT HOUSE
5月30日(木) 北海道:札幌・cube garden
5月31日(金) 北海道:帯広・MEGA STONE
6月02日(日) 北海道:旭川・CASINO DRIVE
6月09日(日) 岡山・CRAZY MAMA 2nd Room
6月10日(月) 山口・LIVE rise SHUNAN
6月13日(木) 佐賀・佐賀GEILS
6月15日(土) 長崎・DRUM Be-7
6月16日(日) 福岡・DRUM Be-1
6月19日(水) 宮崎・SR BOX
6月20日(木) 鹿児島・SRホール
6月22日(土) 熊本・熊本B.9 V1
6月23日(日) 大分・DRUM Be-0
6月27日(木) 愛知・CLUB QUATTRO
6月28日(金) 静岡・ROXY
7月03日(水) 東京・EX THEATER ROPPONGI
7月05日(金) 福島・郡山CLUB #9
7月06日(土) 宮城・長町RIPPLE
7月08日(月) 岩手・CLUB CHANGE WAVE
7月09日(火) 青森・Quarter
7月11日(木) 秋田・LIVESPOT2000
7月12日(金) 山形・酒田hope
7月14日(日) 群馬・高崎club FLEEZ
7月18日(木) 島根・松江AZTiC canova
7月19日(金) 鳥取・米子AZTiC laughs
7月22日(月) 福井・CHOP
7月23日(火) 石川・金沢AZ
8月01日(木) 京都・KYOTO MUSE
8月02日(金) 大阪・味園ユニバース
8月07日(水) 栃木・HEAVEN'S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2
8月09日(金) 埼玉・西川口Hearts
8月15日(木) 奈良・NEVERLAND
8月16日(金) 和歌山・SHELTER
8月22日(木) 神奈川・F.A.D yokohama
8月26日(月) 三重・松坂M'AXA
8月27日(火) 岐阜・CLUB ROOTS
8月30日(金) 山梨・甲府KAZOO HALL
9月06日(金) 富山・SOUL POWER
9月07日(土) 長野・松本ALECX
9月16日(月) 沖縄・桜坂セントラル
9月26日(木) 新潟・LOTS

◎チケットFC先行受付
受付期間: 2018年11月22日(木)22:00~2018年12月03日(月)23:59
BRADIO OFFICIAL FANCLUB 「FPP☆CLUB」*スマートフォン専用
http://bradio.jp/feature/introduction
アルバム『YES』発売中
    • 【初回限定盤】(CD+DVD)
    • WPZL-31474~75/¥3,800+税
    • 【通常盤】(CDのみ)
    • WPCL-12896/¥3,000+税
    • <収録曲>
    • 1. Funky Kitchen
    • 2. スキャット・ビート
    • 3. Sexy Lover
    • 4. Boom! Boom! ヘブン
    • 5. きっと遠く キミともっと遠く
    • 6. Sparkling Night
    • 7. Shout To The Top
    • 8. きらめきDancin'
    • 9. INAZUMAジャケット
    • 10. Feel All Right
    • 11. 人生はSHOWTIME
    • 12. LA PA PARADISE
11月22日@東京・NHKホール
11月22日@東京・NHKホール
11月22日@東京・NHKホール
11月22日@東京・NHKホール
11月22日@東京・NHKホール
11月22日@東京・NHKホール
11月22日@東京・NHKホール
11月22日@東京・NHKホール
11月22日@東京・NHKホール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」