オノ セイゲン

オノ セイゲン

オノ セイゲン、
COMME des GARÇONS 30周年記念盤&
未発表音源収録作品を同時リリース

名レコーディングエンジニアとして知られるオノ セイゲンが音楽家としての才能も発揮した87年の作品が、自身によるリマスタリングで30周年記念『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』として復活する。

アート・リンゼイ、ジョン・ゾーン、ジョン・ルーリーらの才人と創りあげたサウンドは『洋服が綺麗に見えて誰も聴いたことがない音楽』「誰も、まだ聞いたことがない音楽を使いたい』という、COMME des GARÇONSの川久保玲の依頼によってショー用の音楽として作曲された。

さらに未発表音源として、オノ セイゲンの創作の裏側を明かす『CDG Fragmentation』が同時発売される。いずれもその時代のエレクトロニカ、アンビエントシーンを震撼させた“音"を自身によるリミックス、リマスタリングし、SACDとレコードで発売するとのこと。ジャケットは80年代からCOMME des GARÇONSとSIXなどのコラボレーションを果たしている広告業界の巨匠、アートディレクターの井上嗣也が務めており、構成する全てにこだわりが伺える作品だ。

【オノ セイゲン コメント】

30周年にBETTER DAYS(80年代の赤坂コロンビア・スタジオは僕の原点です)からリリースするにあたり現在考えられる最高の音質で仕上げました。アナログレコードはモノラル33回転。そして96年3月から小さな会場で300人という「プレゼンテーション」となり、そこでは音楽はかけられず、カメラのシャッター音だけが空間に響く。97年3月に再び呼ばれた時「音」と「音楽」の境目をルールづけしてみた。空気、この緊張感は音にも記録される。そのフラグメンテーションを作るために集められたのは、いつものメンバー。オノのトーナリティ・ピアノをガイドに、1人または2人づつ、リハーモナイズ、インプロビゼーション、ただしアンサンブルしないように、それを最大公約数とし、そこから単音、フレーズ演奏の一部、生活音、ノイズなど(ポピュラー音楽とは対極にある音)を選んでフラグメンテーションとして、ライブで進行に合わせてサンプリング・キーボードでフラグメンテーションを配置(演奏)した。さらにそのスケッチから今回、初来日ポーランドの新進気鋭の若手サックス奏者、クバ・ヴィエンツェクのサックスも起用して新録や、伝説の2003年大阪店クリスマスでの「Live: Seigen Ono plus」も収録。
アルバム『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』2019年1月23日(水)発売
    • 【CD】(SACD 2枚組)
    • COGB-106/¥4,000+税
    • <収録曲>
    • ■CD1/SACD1
    • 1 Something to Hold on to
    • 2 Have You Seen It Yet?2018b
    • 3 All Men are Heels
    • 4 After You...
    • 5 Hunting for Lions
    • 6 Round the Globe
    • 7 Long Voyage
    • 8 SUZUKI-SENSEI-SANSEI
    • 9 Look for an Afternoon
    • 10 Pessoa Quase Certa
    • 11 540AM, View of Empire
    • 12 Have You Seen It Yet?
    • 13 Something to Hold on to (MONO)
    • 14 After You… (MONO)
    • 15 All Men are Heels (MONO)
    • 16 Have You Seen It Yet? 2018A (MONO)
    • 17 Round the Globe (MONO)
    • 18 540AM, View of Empire (MONO)
    • 19 Hunting for Lions (MONO)
    • 20 Pessoa Quase Certa (MONO)
    • ■CD2/SACD2
    • 1 Julia
    • 2 Pastorinhas
    • Bandeira Branca
    • Mascara Negra
    • 3 Galope
    • 4 Another Groove
    • 5 On the Sunny Side of the Street
    • 6 Roman Marching Band
    • 7 TA.TA.TA.
    • 8 Louis-san
    • 9 Staying on the Beach All Day
    • 10 Finale
    • 11 Carnation
    • 12 If You Only Knew
    • 13 You will be All Right
    • 14 Julia (MONO)
    • 15 Finale (MONO)
    • 16 Roman Marching Band (MONO)
    • 17 TA.TA.TA. (MONO)
    • 18 Pastorinhas (MONO)
    • Bandeira Branca
    • ※SACDプレイヤーのみボーナス楽曲が収録
    • (SACDプレイヤーでしか再生できません。ご注意ください。)
    •  
    • 【LP】(モノラル 2枚組)
    • COJA-9349/¥5,800+税
    • <収録曲>
    • ■Side-1
    • T:01 M01 Something to Hold on to
    • T:02 M02 After You
    • T:03 M03 All Men are Heels
    • T:04 M04 Have You Seen It Yet? 2018A
    • ■Side-2
    • T:05 M01 Round the Globe
    • T:06 M02 540AM, View of Empire
    • T:07 M03 Hunting for Lions
    • T:08 M04 Pessoa Quase Certa
    • ■Side-3
    • T:09 M01 Julia
    • T:10 M02 Finale
    • T:11 M03 Roman Marching Band
    • T:12 M04 TA. TA. TA.
    • ■Side-4
    • T:13 M01 メドレーPastorinhas / Bandeira / Mascara Negra
    • T:14 M02 You will be All Right
    • T:15 M03 SUZUKI-SENSEI-SANSEI
アルバム『CDG Fragmentation』2019年3月20日(水)発売
    • 【CD】(SACD)
    • COGB- 108/¥3,000+税
    • 【LP】(ステレオ)
    • COJA- 9351/¥3,800+税
    • <収録曲> ※予定
    • 01:CDG Fragmentation (In other words)
    • 02:CDG Fragmentation (I was slightly surprised)
    • 03:CDG Fragmentation (You know as I expected)
    • 04:CDG Fragmentation (It's kind of good)
    • 05:CDG Fragmentation (It's up to you)
    • 06:WHITE TANGO (document 1997)
    • 07:Goto Cu Niro
    • 08:MALU (Live CDG Osaka 2003)
    • 09:Jean from 3rd street
    • 10:At long last
    • 11:John from 3rd street
    • 12:she is she
    • 13:It's your imagination
    • 14:WHITE TANGO
オノ セイゲン
アルバム『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』
アルバム『CDG Fragmentation』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」