2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo

2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo

【PrizmaX ライヴレポート】
『PrizmaX Nonstop』
2018年12月15日
at AiiA 2.5 Theater Tokyo

2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
2018年12月15日 at AiiA 2.5 Theater Tokyo
 6月に新体制となったPrizmaXが12月15日、AiiA 2.5 Theater Tokyoで『PrizmaX Nonstop』を二部に渡って開催した。9月からはメンバー4人がそれぞれソロプロデュースをした楽曲を4カ月連続で配信リリースするなど、個々を表現する場も増えてきたが、今回は“Nonstop”というタイトルを掲げ、パフォーマンスを繰り広げたライヴで表現の可能性を追求。そんな本公演の第一部の模様をレポートする。

 照明が落ち、ステージ上部の“Nonstop”という文字を模した電飾が光る。前述した4カ月連続配信シングルから早速、島田翼がプロデュースしたダンスナンバー「rewind」でホリック(ファンの呼称)を魅了。この日はダンサー2名を加えて6人でのフォーメーションの場面もあり、「Orange Moon」では手にしたスカーフを使って息ぴったりのダイナミックなパフォーマンスを繰り広げ、時にそのスカーフを口に咥えると割れんばかりの歓声が起きる。

 ウィンがマイクを握りしめて福本有希プロデュースのラブソング「South Cross」を感情を乗せて歌い上げ、有希と翼がダンサー2名とともにダンスパフォーマンスで会場を熱狂させたあとは、清水大樹プロデュースの「Candy」へ。大樹がリードするラップでフロアーの熱をじわじわと上げ、以降はアップテンポなナンバーを続けて披露。「Woh!」ではサングラスをかけ、ウィン=モップ、大樹=箒、有希=デッキブラシ、翼=ペンライトを手に楽器を弾くような仕草で楽しませ、「Ready」ではタオルを振り回す。“一緒に歌おう”(ウィン)と始まった「UP<UPBEAT」では《ホリックはいつも味方さ》と替え歌をして沸かせた。一転して、ウィンプロデュースの「I hate you」ではビートに乗せたパフォーマンスとファルセットでホリックの気持ちをとらえていく。

 ステージからメンバーが一旦捌け、「Someday」のイントロが鳴り響くと、客席後方の階段からメンバーが登場! 客席の中を練り歩きながら、すぐ近くのホリックの手をとって目を見つめながら歌うウィン、笑顔を振り撒きながら自ら手を伸ばして握手やハイタッチをする大樹、有希、翼の3人。ここまでずっとノンストップで紡いできたライヴだが、MCはなくとも曲中のアドリブやホリックとのコミュニケーションで想いを交わしていく。“2019年もノンストップで駆け抜けていくんで!”(大樹)という頼もしい宣言のあとの「Find The Way〜卒業〜」は、ホリックと一緒に手の振りをして活気付ける。4人で手をつないで深々とお辞儀をして大円団を迎えた終演後、アナウンスで『PrizmaX Live Level 8』を来年2019年7月6日に豊洲PITで開催することが発表されると喜びの歓声が。新体制になったPrizmaXのさらなる躍進を誓ったライヴだった。

撮影:笹森健一/取材:高良美咲


セットリスト

  1. OP.lgright
  2. 1.rewind
  3. 2.It’s Love
  4. 3.Never
  5. 4.Yours
  6. 5.Orange Moon
  7. 6.South Cross
  8. 7.ダンサーズナンバー Dogs(feat.Sherm & Dami Rae)
  9. 8.Candy
  10. 9.Are you Ready?
  11. 10.Woh!
  12. 11.Let’s prove it!!
  13. 12.Ready
  14. 13.UP<UPBEAT
  15. 14.I hate you
  16. 15.Someday
  17. 16.my girl
  18. 17.Three Things
  19. 18.OURZONE(FUSION ver)
  20. 19.Find The Way〜卒業〜
PRIZMAX プロフィール

プリズマックス:2002年結成。10年からスターダストプロモーションの男性タレント集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)に参加。13年3月に結成10周年を迎え、ダンス&ヴォーカルユニットとして「Mysterious Eyes/GO!」でCDデビューを果たした。R&B、ヒップホップ、ファンクなどの要素を取り入れた音楽性から、国内外問わず多数のフェスから声が掛かるなど、活動の幅を広げている。19年、新メンバーを迎えて7人体制になったと同時に、グループ名を全て大文字表記の“PRIZMAX”に改名。新体制初の作品となるアルバム『FRNKSTN』を同年4月にリリース。PRIZMAX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」