濵松里緒菜、シンガポール最大級の日
本イベント『EOY j-culture festiva
l』出演「会場中が1つになり、本当
に感動しました!」

2018年12月29日と30日にシンガポールで開催されている「EOY j-culture festival」に濱松里緒菜が出演。

濵松は2017年7月にAKB48チーム8の徳島県代表を卒業。10歳までロサンゼルスで生活をしていたため英語も堪能。上智大学外国語学部英語学科4年生の時には「ミスソフィア」のファイナリストに進出、ミスリゼ賞を受賞。大学卒業後も得意のダンスや歌や英語力を活かしてタレントやモデルとして活動を行っている。

「EOY j-culture festival」はシンガポールでも最大級の日本のフェスティバルで、現地でも注目も高いイベント。
会場には大きな濵松里緒菜のポップも

会場には大きな濵松里緒菜のポップも

濵松里緒菜のステージ

濵松里緒菜のステージ

会場中にコーラスが響き渡り、感動的な
シーン

濵松は2日連続でイベントに出演してパフォーマンスを披露。イベント2日目の12月30日現地時間13時30分からステージに登場。1日目とは違う楽曲も披露。

IZ*ONEの「LA VIE EN ROSE」、自身の楽曲「Never Give Up!! (English Version)」、クランベリーズの「My Immagination」、TWICEの「What is Love and Candy Pop」、「47 NO SUTEKINA MACHIE(47の素敵な街へ)」の5曲を熱唱。

ネィティブな英語でのMCと歌唱力で現地のシンガポール人のファンを魅了。現地のファンからも「里緒菜コール」。

ファンからの声援に応えて、アンコールでは「This is me」を披露。この楽曲は映画の挿入歌であったこともあり、シンガポールの人達には馴染みが深く、観客の方々が一緒に歌ってくれて、会場中にコーラスが響き渡り、感動的なシーンに。2日間のイベントでのライブは大成功だった。
濵松里緒菜のステージ。会場が1つに

濵松里緒菜のステージ。会場が1つに

チェキとサイン会には長蛇の列

さらにライブ後のチェキ撮影やサイン会には、長蛇の列。たくさんのシンガポール人のファンが濵松里緒菜と一緒にチェキを撮影するために並んでいた。

また、今回のフェスティバルでは、約150組のアマチュア出演者も参加。未来を夢見るアーティストやダンサー達との懇談会ではトークも繰り広げた。

また濵松は現地シンガポールや台湾のメディアからも取材を受けるなど、注目も高かった。濵松は1月にはタイ・バンコクでのイベントの出演も決定しており、得意の英語力を活かして活躍の場を着実に海外に広げている。
撮影会では現地のファンが長蛇の列。女子からも人気

撮影会では現地のファンが長蛇の列。女子からも人気

撮影会で現地のファンと

撮影会で現地のファンと

現地メディアから取材を受ける濵松里緒菜。もちろん通訳は不要。

現地メディアから取材を受ける濵松里緒菜。もちろん通訳は不要。

会場には濵松里緒菜のグッズが大量にあり、現地ファンからの人気も高い

会場には濵松里緒菜のグッズが大量にあり、現地ファンからの人気も高い

「シンガポール、最高です!一生忘れな
い思い出の1つとなりました」

濵松は現地シンガポールで以下のようにコメントを寄せてくれた。

「卒業後、ソロ活動になって、当初の目標の1つが海外のイベントに出演することでした。今回、シンガポールのEOY J-Culture Festivalに招待して頂き、初の海外ステージが実現しました。

シンガポールの皆さんに暖かく迎えて頂き、『りおなうちわ』や『里緒菜コール』も頂き、感激でした。また、This is meを歌った時、観客の皆さんが、一緒に歌って下さり会場中が1つとなって、本当に感動しました。シンガポール、最高です!一生忘れない思い出の1つとなりました。

来年は、1月25日~27日までの、タイのJapan Expoにも出演と、海外イベントが続きます。今後は、ハリウッド映画も視野に入れて、演技力も磨いていきたいと思っています。これからも、皆さんから元気と勇気を頂きつつ、Never Give Upの精神でチャレンジし続けます」と喜びと今後の意気込みを語ってくれた。
濵松里緒菜のステージ

濵松里緒菜のステージ

濵松里緒菜のステージ

濵松里緒菜のステージ

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。