AKB48リクアワ、69位『わかりやすく
てごめん』PRODUCE48選抜メンバーが
華麗なダンスを披露

2019年1月19日、AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100が東京ドームシティ(TDC)で開催された。

69位にランクインしたのが『わかりやすくてごめん』。

2018年11月に発売されたAKB48の54thシングル「NO WAY MAN」のカップリングとして、PRODUCE48選抜メンバーで構成された楽曲『わかりやすくてごめん』。 リクアワで初披露となった。
リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

今でも韓国で大人気のメンバー

韓国のテレビ番組「PRODUCE48」で活躍したメンバーは、韓国での厳しいレッスンを乗り越えてきたことから、ステージでも見事なパフォーマンスを披露。

可愛らしい歌詞に大人っぽい表情と「PRODUCE48」を思い出すようなセクシーかつダイナミックなダンスで会場を魅了。

NMB48の村瀬紗英とAKB48の後藤萌咲がWセンターを務めた。ほかに千葉恵里、小嶋真子、中西智代梨、武藤十夢、佐藤美波、岩立沙穂、山田野絵、浅井七海、村川緋杏、荒巻美咲、本村碧唯の13人で披露。

「PRODUCE48」に出演していたが残念ながら「IZ*ONE」には選ばれなかったメンバーは、今でも韓国やアジアで大人気。メンバーのSNSには韓国人のファンからの韓国語でのコメントも多い。

Wセンターを務めている後藤萌咲は自身のSNSで「自分のセンター曲がランクインしててとっても嬉しかったですし泣きそうになりました」と喜びを伝えていた。
リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

リクアワで『わかりやすくてごめん』を披露するPRODUCE48選抜メンバー

【MV】わかりやすくてごめん Short ver.〈PRODUCE48選抜〉/ AKB48[公式]

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着