© Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX

© Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX

【KH3プレイ速報】「キングダム ハー
ツIII」ディズニーマニア視点でレビ
ュー

『キングダムハーツIII』をプレイした感想を、ディズニーマニア視点で解説! パーク好きなら一度はやる隠れミッキー探しも!?

ついに2019年1月25日にスクウェア・エニックスよりPlayStation4 / Xbox One用ゲームソフト『キングダム ハーツIII』が発売になりました。
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
大人気ゲームをウレぴあ総研ディズニー特集のライターも25日0時から早速プレイ!
プレイして感じたディズニーマニア的なオススメポイントをお伝えします。
「キングダム ハーツ」とは「キングダムハーツ」シリーズは、ディズニーとスクウェア・エニックスから生まれたロールプレイングゲームです。
2002年3月に第1作目『キングダム ハーツ』(対応機種:プレイステーション2)を発売して以来、これまでに11作品(ファイナルミックス版も含めると19作品)を発表し、全世界で累計2,500万本以上を出荷・販売する人気シリーズとなっています。
ミッキー・ドナルド・グーフィーが好きなら間違いないソラはドナルド、グーフィーと、リク(ソラの親友)は王様[ミッキー]と旅をしています。旅の途中では、ドナルドとグーフィーが度々語りかけてくれる場面も。本当に一緒に旅をしているみたい。
リク視点の場面では、ミッキーに心配してもらえたり……。
バトル中に手を取り合って戦う姿はディズニーマニアにとってはたまりません。
アトラクション好きにはアトラクションフローがたまらない!「キングダム ハーツ」といえば、躍動感あるアクションバトルのイメージが過去の作品をプレイした人には印象深いと思います。
その中でも今作の魅力はアトラクションフローという攻撃。
私たちディズニーマニアが今まで国内外のテーマパークでみたことのあるような、アトラクションが出てくるのです。
通常プレイしていてコマンドの出現率もとても高いため、ガンガン使える! ガンガン楽しめる!
ポップなバトルシーンがより華やかになります。
登場する各アトラクションは、電飾がキラキラと煌き、ド派手な演出が魅力の一つです。
ゲーム好きだけでなく、テーマパーク好きにもたまらないバトルシステムとなっていて大興奮間違いなし。
シリーズ初! 幸運のマーク……
シリーズ初の「幸運のマーク」探しが楽しいディズニーマニアなら一度は経験したことはある、あのマーク探しが行えます!
カメラ機能を使い『キングダム ハーツIII』内でも体験可能に。
ワールドを巡りながら、幸運のマークを見つけるたびに写真を撮るのですが、これがなかなか難しい……。
角度によって見えるものも少なくないため、コンプリートを考えると思った以上に時間がかかります。
クリアしたワールドは何度も行くことができるので、先にストーリーを進めてからゆっくり楽しむこともできます。
幸福のマーク以外にも写真が撮れるので、タグを使ってプレイをSNSに載せることもできます。
安心! ストーリーはしっかり解説してくれる「キングダム ハーツ」のシリーズはシリーズを通してプレイしていてもなかなか複雑です。
独特のワードも多い「キングダム ハーツ」ですが、その都度キャラクターが物語内でしっかり補完してくれる優しいストーリーでした。
今までちょっとよくわかっていなかった部分を、しっかりカバーしてくれるので、シリーズのブランクが空いていても、心配せずプレイを始めることができました。
超話題作の『キングダム ハーツIII』をディズニーマニア的視点で取り上げさせてもらいました。
ディズニーが好きならこれ以外にも楽しめる要素がいっぱいあるので、ぜひプレイしてたしかめてみてください。

ウレぴあ総研

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」