アルバム『PRISONER』

アルバム『PRISONER』
昨年デビュー35周年を迎え35th ANNIVERSARY YEARを展開中の44MAGNUMが1月30日にリリースした、ニューアルバム『PRISONER』のサブスクリプションサービス(定額音楽配信サービス)およびダウンロード販売が開始した。

『PRISONER』は44MAGNUMの「歴史」と「現在」をこの節目の年にコンプリートさせると言うコンセプトのもと、インディーズ時代の代表曲にもかかわらず音源化されていない幻の名曲などを収録。バンド結成35年目の“新たなるファーストアルバム"とも呼ぶべき逸品だ。

なお、2月3日(日)と2月10日(日)に新横浜NEW SIDE BEACH!! で行なわれる『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY LIVE in YOKOHAMA』で2週に分けて、『PRISONER』収録の全曲をライヴで披露する予定とのこと。

また、アニバーサリーイヤーの集大成となる『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY FINAL GIG』も、3月31日(日)に梅田am HALL、4月4日(木)に新宿BLAZEにて開催されるので、こちらもあわせて注目してほしい。

■配信情報
http://www.44magnum2001.com/news.html 

「I'm Lonely Man」映像

アルバム『PRISONER』2019年1月30日発売
    • 【初回限定盤】(CD+24Pスペシャルフォトブック)
    • YZLM-5023/¥4,400 (税込)
    • 【通常盤】(CD)
    • YZLM-5024 /¥3,000 (税込)
    • <収録曲>
    • 1. I'm Lonely Man
    • 2. Girl
    • 3. Come On Let's Go!
    • 4. Ow!
    • 5. I Don't Know What You Say
    • 6. Be4 We Leave Together -Quite Decade City-
    • 7. Through The Night
    • 8. I Believe This Town
    • 9. UK

【インストアイベント/ライヴ詳細】

■インストアイベント
『PRISONER』発売記念トーク&サイン会
1月31日(木)19:00  タワーレコード難波店 5Fイベントスペース
出演:JIMMY   
司会進行:加美幸伸(FM COCOLO DJ) 
2月11日(月・祝)18:30  タワーレコード渋谷店5Fイベントスペース
出演:PAUL&STEVIE

インストアイベント詳細
http://www.44magnum2001.com/news.html

■ライヴ情報
『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY LIVE in YOKOHAMA』
2月03日(日) 新横浜 / NEW SIDE BEACH!!
2月10日(日) 新横浜 / NEW SIDE BEACH!!
<チケット料金>
¥7,500(税込)※スタンディング

『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY FINAL GIG』
3月31日(日) 大阪 / 梅田 am HALL
4月04日(木) 東京 / 新宿BLAZE
<チケット料金>
PREMIUM SEAT ¥20,000(税込、D別)
※プレミアムエリア特設シート、アフターショーイベント参加、プレゼント付き
一般SEAT ¥7,800(税込、D別) 

アルバム『PRISONER』
44MAGNUM

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着