【ライブレポート】リアクション ザ
ブッタ、「これからも一緒に大きく
なって行きましょう」

リアクション ザ ブッタが昨年10月17日にリリースしたミニアルバム『Single Focus』を引っ提げた全国ツアー<リアクション ザ ブッタTour2018~Mini Album『Single Focus』 Release Tour~>のファイナル公演を東京・shibuya duo music exchangeで開催した。
昨年9月から12月までの対バンシリーズを終えて、年明けは名古屋と大阪での初のワンマンも経験。これまで以上に充実したツアーのなかで大きな成長を遂げた3人がバンド史上最大規模のキャパシティに挑んだこの日は、メロディアスな「歌」のちからで集まったお客さんとの距離を縮める一体感に満ちたライブだった。
佐々木直人(Vo/B)、木田健太郎(G)、大野宏二朗(Dr)の3人が気持ちをひとつにするように向き合い、「Tightrope Dancing」から演奏がスタート。大野が叩き出すダンサブルなビートにのせて、ボーカルの佐々木は鮮やかなベースのスラップを繰り出しながらメロディを紡ぎ、木田の手数の多いギターリフと複雑に絡み合う。「俺たちと一緒にライブを作ろうぜ!」と叫んだ佐々木が高らかにピースサインを掲げると、ブッタのライブには欠かせない「Fantastic Chaos」や、ファンキーなグルーヴで踊るニューアンセム「抱きしめて欲しい」といったアップナンバーを畳みかけて、フロアの熱狂を加速させていく。

9月からはじまったツアーを振り返って「俺たちは完全に仕上がっています!」と力強く伝えた佐々木。陽気な表情でコメディタッチに別れを歌う「孤独は最高です!」や、「昔持っていた純粋で真っ直ぐな気持ちを歌いたい」と若き日の純真をストレートぶつけたに「そんなんじゃなくて」では、表情豊かなアンサンブルを駆使して日常生活で揺れ動く感情を優しく切り取っていった。今回のツアーで携えている最新ミニアルバムのタイトル『Single Focus』とは、カメラのレンズの種類を表す“単焦点”の意味だ。そんなふうにブッタの歌は、毎日の生活で埋もれてしまう大切なものを丁寧に音楽へと変えて活写していく。
メンバー紹介では、「おっちょこちょいの職人気質、木田健太郎」「楽観主義者の江戸案内人、大野宏二朗」「さびしがり屋のわんぱく野郎、佐々木直人」と、それぞれの性格をひとことで伝えるというラジオで培った技を使って会場を和ませると、ライブの中盤は切ないラブソングを続けて届けた。後戻りできない後悔を綴ったミディアムテンポ「You」や、佐々木がひとりで歌い始めた「君へ」など、目の前の“あなた”に訴えかける二人称の歌に会場はうっとりと酔いしれていた。さらに、「心の距離を縮めて聴いてほしいと思います」と伝えて、大野がカホン、木田がアコースティックギター、佐々木がベースを弾かずに歌ったアコースティック編成の「はしゃぐ君を見ていた」と「あなた」では、お客さんを“リアクション ザ ブッタ合唱団”と呼んだコール&レスポンスで会場は温かい雰囲気に包まれた。

「さあ、渋谷まだまだ元気はありますか!?」という佐々木の言葉を合図に、圧倒的な昂揚感を描き出す「fall fall fall」からライブはクライマックスへと向かっていく。立ち上がった大野がドラムスティックを打ち鳴らして手拍子を煽った「仮面」や、センターに躍り出た木田がエモーショナルなギターソロを見せつけた「何度も」で、ブッタのロックバンドとしての熱い部分が全開になると、最後に佐々木が語りかけた。「俺たちはバンドを結成して、けっこう長いこと時間が経つけど、正直言って、まだまだ全然知られてないと思います。でもこうやって、あなたが俺たちを見つけてくれました。ライブで泣いてくれたり、感動しましたって言ってくれたり。そういうのを聞くたびに、俺たち間違ってなかったのかな、まだ進んでみようかなって思います。一緒に上に上に行こう!」と。そして、「最後の曲は間違いなくあなたがいたからできた曲です」と届けたラストソングは「火花」だった。瑞々しいバンドサウンドに“人は人に見つけられて 初めて自分を知るんだろう”とほとばしる情熱をのせたその歌には、ブッタがバンドを続ける意味が真っ直ぐに込められていた。
鳴り止まない手拍子に応えたアンコールでは、王道のバラード曲「behind」のあと、特大のシンガロングを巻き起こした「ヤミクモ」で最高の景色を作り上げて、ブッタは全14本のツアーを締めくくった。「これからも一緒に大きくなって行きましょう」。別れ際に佐々木が生声で伝えた言葉のとおり、これからもブッタは一歩ずつ着実に進化いくだろう。

なお、この日のライブでは、次なるツアーとして4月から「リアクション ザ ブッタ 3ヶ月連続2マンライブ ~Sparkle~」を開催することがアナウンスされた。その 第一弾は「“あまのじゃくし”~ツンデレラ・ストーリー2マンTOURお変わりください~」と題して、4月13日に渋谷CHELSEA HOTELにてalcottを迎える。その他の公演についての詳細は追って発表されるとのことなので、引き続き情報をチェックしてほしい。

取材・文◎秦 理絵)
写真◎白石達也

<3ヶ月連続2マンライブ 〜Sparkle〜>

2019年4月13日(土)
東京・渋谷CHELSEA HOTEL
“あまのじゃくし”~ツンデレラ・ストーリー2マンTOURお変わりください~
w/alcott

2019年5月某日
埼玉某所
詳細近日解禁

2019年6月某日
東京某所
詳細近日解禁

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」